English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

Q.とりあえず英語の検定試験は受けたほうがいい?

明確な目的などはないのですが、とりあえず英語の資格試験や検定試験をいろいろ受けたほうがいいのでしょうか? どのような英語資格試験を目標として勉強すればいいのかわからないので教えてください。
【A】目的にあわせて受験(受検)しましょう

英語の資格試験をなぜ受けるのかは人によってさまざまだと思います。何より大切なのは、英語の検定試験を受ける目的を明確にしておくこと。それが英語習得の近道にもなりえます。そのためには目的にあった英語の検定試験を受けることが大切です。今回は英語の資格・検定試験を受験(受検)する3つの目的を紹介します。

【1:受験に役立つ】

 受験生にとって受験科目に英語がある場合、英語学習は必須になりますが、英語資格試験を取得することによるメリットもあるので、多いに活用しましょう。
 例えば、文部科学省が後援する英語資格試験の草分けともいえる英検の資格取得者には優遇措置があるのをご存知でしょうか。中学・高校・大学などの入試において、合格判定での優先や、内申点に加算などの優遇措置をとっている学校があるのです。また、高校や短大・大学で、在学中に英検資格を取得すると、級に応じて英語科目の単位として認められる学校もあります。英語検定試験は、年に3回のみなので、入試時期にあわせて、余裕を持って計画的に受検するようにしましょう。

【2:TOEICスコアなど明確な数値目標でモチベーションを保つ】

 英語学習を進めていっても、自分の英語力がUPしているのかどうかは、なかなか客観的に判断できません。そんなときに、TOEICテストを受験するのが有効です。TOEICテストは合格不合格ではなく、個人の成績(スコア)がでるので、「次回のTOEICテストでは700点を越えるぞ!」など目に見える目標を掲げてモチベーションを保つことができるのです。
 何より進学や就職の際、自分の英語力を客観的に証明することができます。また、企業では昇級・昇格や海外出張などの基準としても活用されています。

【3:海外留学をめざす】

 海外の大学などに留学したいのであれば、アメリカやイギリスを始め英語圏の多くの大学が入学基準として採用しているTOEFLを受験しなければなりません。130を超える国々の9,000以上の大学、機関、団体などが TOEFLのスコアを受け付けています。
 ただ、海外留学先の大学等が設けているTOEFLの基準スコアをクリアしなければ、いくら希望していてもその留学先には進学することができません。ちなみにTOEFLは、オーストラリアや英国におけるビザ要件を満たすための資料としても使用されています。
One more アドバイス
このほかにもさまざまな英語資格試験があります。自分の目的にあわせて受験(受検)計画をたてましょう。

よく似た質問

>海外の大学への留学は就職に有利になりますか?
>留学時に必要なTOEFLテストってどんなもの?
【文・取材/寺本亜紀】
ライター、映像翻訳者(映画やドラマ、ドキュメンタリーの字幕翻訳・吹替翻訳)。英文科卒業。
小学校英語指導者資格取得。カナダ、アメリカ、オーストラリアで親子留学を経験。
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。