「毎朝僕のためにみそ汁を作ってくれないか」 英語でどう伝える?

「私のみそ汁を毎朝作ってくれますか?」 日本語特有の言い回しを英語にするには? [拡大する]

「私のみそ汁を毎朝作ってくれますか?」 日本語特有の言い回しを英語にするには?

 英語の言い回しを覚えていくと、日本語独特の表現をどう訳すのかを考えることがある。言語は文化のひとつであるため、例えば「いただきます」を英語では「Let's eat.」というように、直訳できない言い回しもある。そういった場合は、シチュエーションやコンセプト的に近い表現を考えるのが望ましい。

 そこで今回は、DMM英会話が出版した『英語のプロ300人に聞いた 日本人のための 絶妙な言い回しフレーズブック』(明日香出版社)から、おもしろい例を紹介しよう。

 「毎朝僕のためにみそ汁を作ってくれないか?」は、日本人男性がプロポーズで使いそうなフレーズのひとつ。そのまま英語に訳すと次のようになる。

「Will you make miso soup for me every morning?」
毎朝僕のためにみそ汁を作ってくれないか?

 日本人の男女であれば何を意味するかは理解できるが、欧米人には通じない。同書では、結婚のプロポーズという設定のもとで、2つのフレーズを紹介している。例文と訳を抜粋し、解説しよう。

(1)「Will you make my miso soup every morning, for the rest of our lives?」
残りの人生、私のみそ汁を毎朝作ってくれますか?

<解説>
 上記の例文は、「Will you make me miso soup every morning, for the rest of our lives?」にしてもOK。「残りの人生ずっと」を意味する「for the rest of our lives」が使われているので、外国人にとって、みそ汁を作る意味はわからなくても、“ずっと一緒にいよう”という約束をしようとしていることがわかる。ちなみに、「make my miso soup」は「私のみそ汁を作る」で、「make me miso soup」は「私のためにみそ汁を作る」という違いがある。

(2)「Will you make miso soup with me every morning for the rest of our lives?」
残りの人生、毎朝僕と一緒にみそ汁を作ってくれないか?

<解説>
 (1)は、相手に対して「自分のためにみそ汁を作って欲しい」と言っているが、(2)は、一緒に作ろうと言っている。家事を相手に任せるのか、共同作業にするのか、お互いの文化的価値観によって、問いかけ方も変わってくる。

 外国人相手に使う機会はほとんどないフレーズだが、英語に直してみたくなる表現ではないだろうか。抜粋で紹介した例文のように、「for the rest of our lives」をつけることで、文脈を補うことはできる。よりストレートに伝えようと思うと、「毎朝一緒にみそ汁を飲む」=「生涯を共にする」となるので、「Will you spend the rest of your life with me? (残りの人生を私と過ごしてくれませんか?)」となる。

 英語に直訳する場合、言葉を補わないと伝わらない表現は多々ある。英語にしにくい日本語のフレーズは、シチュエーションやコンセプトを意識して、柔軟性をもたせていこう。

(記事/柏野裕美)

>> 実際の受講生が選ぶ 満足度の高い【英会話スクール】1位は…

>> 「ご搭乗ありがとうございます」は英語で? フライトの機内アナウンス<離陸編>

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close