バレンタインに愛のメッセージを! 英語の“甘〜い”フレーズ紹介

バレンタインで使いたい「英語の甘いフレーズ」 [拡大する]

バレンタインで使いたい「英語の甘いフレーズ」

 あす14日はご存知のように「バレンタインデー」。日本では、女性から男性に愛の告白やプレゼントを渡す日として浸透しているが、欧米では男性側も好きな女性や恋人に花やカードを渡してデートすることが一般的。多少の違いはあれど、贈り物をしあう「愛」の日として過ごすことは間違いない。そこで、今回はバレンタインならではの英語の“甘い”メッセージを紹介する。

 「愛」の告白は、日本人にとって恥ずかしくもあり、苦手な分野。だが、英語でそれもメッセージであれば、そこまでの抵抗なく使えるのではないだろうか。下記に、バレンタインだからこそ贈りたい愛のメッセージをいくつか紹介。プレゼントに添えるもよし、海外の知り合いに使うもよし、せっかくの機会に実践してみてほしい。

Be my valentine!
「私の特別な人になって!」

You’re my valentine.
「あなたは私の大切な人です」

Will you be my valentine ?
「私の特別な人になってくれますか」

With all my love on Valentine’s Day.
「バレンタインデーにすべての愛をこめて」

Happy Valentine’s Day. My heart is always with you.
「ハッピー・バレンタインデー。私の心はいつもあなたと一緒です」

 アメリカのバレンタインデー事情を知りたければ、2月14日のバレンタインデーのロサンゼルスを舞台にした映画『バレンタインデー』がおすすめ。15人の恋模様が描かれており、アシュトン・カッチャー、ジェシカ・アルバ、ジェイミー・フォックス、アン・ハサウェイ、テイラー・スウィフト、ジュリア・ロバーツなど出演陣も豪華だ。

>>「通いやすさ」で選ばれた 【英会話スクール】最新ランキング

>>利用者の満足度で選ぶ!  【英会話スクール】ベスト10

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close