年末年始のツアー予約者数、LCC就航都市・ソウルが最多

エクスペディアが発表した『2012−2013 年末年始旅行 人気都市ランキング』より [拡大する]

エクスペディアが発表した『2012−2013 年末年始旅行 人気都市ランキング』より

 年末年始のツアー予約者数が最も多い都市は韓国・ソウルであることが、旅行サイトを運営するエクスペディアが発表した『2012−2013 年末年始旅行 人気都市ランキング』でわかった。2位につけたのは台湾・台北で、今年格安航空会社(LCC)のエアアジアやスク―トが就航した都市がTOP2を独占。LCCの人気の高さが改めて浮き彫りになった。

 同社は今回、2012年12月28日から2013年1月3日の年末年始期間におけるツアーの予約者数を調べ、昨年のランキングと比較。予約者数の伸び率は、ソウルが前年比172%、台北が262%という結果になった。

 一方国内の都市では、エアアジア・ジャパンやジェットスタージャパンが就航した札幌と沖縄が初のTOP10入り。このことについて同社は、「国内・海外ともにLCC利用者が増加していることがわかる」とコメントしている。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close