知らないと恥!? ビジネスにおける「和製英語」を紹介

知らないと恥じかも! ビジネスにおける「和製英語」とは? [拡大する]

知らないと恥じかも! ビジネスにおける「和製英語」とは?

 “ノートパソコン”を英語だと思って、外国人に話したら「通じなくて困った」という人は少なからずいるはず。ビジネスシーンひとつとっても、知らずに使っている和製英語は予想以上に多いのだ。そこで今回は、ビジネスにおける和製英語と正しい英語表現を一部紹介していく。

 日本では当たり前に使われている「サラリーマン」などの和製英語。徐々に本来の英語表現が使われるようになってきているが、日本でしか使われない言葉もまだまだ多く残っている。

 和製英語は、外国人の取引先や同僚には理解できないため、不思議な顔をされて話が伝わらず、恥ずかしい思いをするものだ。国によって異なることもあるが、予め正しい英語を知っておくことで、防げることも多いのでぜひ参考にしてほしい。

■【和製英語】と「正しい英語」の一例

【サラリーマン】→「office worker」「company employee」

【アルバイト、パート】→「part-time worker」

【ノートパソコン】→「laptop computer」

【ブラインドタッチ】→「touch-typing」

【バージョンアップ】→「version upgrade」

【アフターサービス、アフターケア】→「after-sales service」

【フリーダイヤル】→「toll-free number」

【クレーム】→「complaint」

【コストダウン】→「cost-cutting」

【イメージアップ】→「improve one’s image」

【アンケート】→「questionnaire」

【ゼネコン】→「major construction company」

【ビジネスホテル】→「budget hotel」「no-frills hotel」

【モーニングコール】→「wake-up call」

【オーダーメード】→「custom-made」「made-to-order」

【段ボール】→「cardboard」

 ちなみに、アメリカンコーヒーも和製英語。アメリカでは、一般的に「regular coffee」や「weak coffee」と言う。また、スターバックスのメニューに「カフェ アメリカーノ」があるが、これはエスプレッソに熱いお湯を注いだものになっている。

>>利用者の満足度で選ぶ
【英会話スクール】最新ランキング

>>「英語の習得度」で選ぶ
【英会話スクール】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close