超初心者向け! 40代子持ち音楽ライターの「オンライン英会話」奮闘記 #02

〜スタートする前に……スカイプ編〜

 忙しさを理由に英会話への憧れを神棚に祀っていた音楽ライターの私が、勢いでオンライン英会話に挑戦することに決まった前回。何度も言いますが、私は英語初心者レベルオンライン赤ちゃんレベルスカイプに関しては野生動物レベルです。無事にオンライン英会話体験まで辿り着けるのでしょうか?

 とりあえず今回は、しぶしぶその神棚から憧れを下ろし(もはや本当に憧れていたのかも謎)、準備としてスカイプを接続、自分で探したオンライン英会話「hanaso」の講師を選ぶところまでやることになりました。だって編集者Yさんってば、hanasoが気になりますって言っただけで、サッサと体験申し込みしてくれちゃったんだもん。できる女は違うね!仕事早いね!(泣)

何が必要なの?オンライン英会話に必須のスカイプに挑戦!

 そもそもスカイプとは、世界中の人といつでもどこでもPCの画面を見ながら通話を楽しめる無料のインターネット電話サービス。要はテレビ電話なのだけれど、ものすごいタイムラグを我慢して使っていた従来のそれとは違い、高音質で高画質。まさに英会話や学習塾などのために対面型のレッスンをするには、もってこいのツールなんですね。

 使用するにあたって必要なものは、スカイプのソフトウェア(公式サイトから無料ダウンロードが可能)、ヘッドフォンとマイク(一体型になったヘッドセットが一般的)、ADSLや光ファイバーなどの高速ネット環境。ちなみに私の場合、ソフトウェアは自分のWindows 10に元からインストールされていて、マイクも内蔵されているのであえて準備するものはないとのこと。てっきり、スカイプには何かしらのマイクが必須で、荻野目洋子ちゃんが『コーヒー・ルンバ』を歌うときに付けていたあれか!?とか、コートの内側にくっつけて襟元を引っ張ってしゃべるあれか!?とか想像して楽しんでいたのですが、そんなスパイみたいな真似をしなくてもいいらしく、ちょっと残念(?)。

 ここまでの過程は、きちんとhanasoのサイト内にある「はじめての方へ」「レッスンまでの流れ」「STEP1準備の“3.スカイプ設定”」「スカイプを使ってみよう」のページを辿れば容易に理解でき、設定まで完了することができます。すごいね、hanaso。ビフォア・フォローも万全なのが素晴らしい!

スカイプって簡単♪ なはずが初日はつながらずに断念してやさぐれる

 そんなわけで私もさっそく試してみました。あらかじめPCに入っているもんだから、電話番号や名前などの設定も自動でスルーされていて、なんだこんなに簡単かぁ!……と、高をくくっていたところに事件勃発。さっそく編集者Yさんにつないでみるも、相手の動画も声も届くのに、私の姿も声もまったく先方に届かず……。え!なにそれ!こうなったらもう、さっきまで余裕ぶっこいてたのに鼻っぱしらを折られてあわあわとなり、「“内蔵マイクが機能していません”って!マイクどこ!?」とPCの裏側を探し始めたり(←内蔵なんだから見つかるわけない)、あげくスピーカーの音量だけMAXまで上げていて「あれー?どうしたのー?」という編集者Yさんの声を家じゅうに響かせ、驚いた犬が飛んでくる始末。……もう無理。あたし、あなた(スカイプ)とはやっていけない。明日になったらカスタマーセンターに電話しようと決め込んで、その晩はリタイアしました。もうね、やっていること田舎のおばあちゃんと一緒ですよ。通販で買ったテレビの使い方がわらないんじゃがのう!みたいな。

 で、すっかりやさぐれていた翌朝。遠方に住む幼なじみが、心配で連絡をくれました。彼女もスカイプの常連なのですが、最初にPCに入っているソフトを使ったら音声も動画も送れず、公式サイトからインストールし直したら使えるようになったとのこと。慰められながら半信半疑で再インストールし、IDとパスワードを入力したら――できた!開通した!なんだこれ、めっちゃ簡単!さっそく嬉しいような恥ずかしいような気持ちで彼女とスカイプをつなげ、無事に顔を見て会話するところまでいけました。とにかく映りもキレイ声の遅れもほとんどなし。なるほど、これなら立派な対面型レッスンが受けられます

V6岡田准一似?柴田理恵似?鈴木保奈美似? 英会話オンラインの真剣な「講師選び」に突入!

 さぁ、スカイプはつながった!いよいよhanasoへアプローチ。hanasoでは、体験でもなんと450人以上もいるという講師の中から、性別、年代、講師歴、日本語レベルなどのこちらの希望に沿って検索でき、相手のプロフィールや写真、メッセージを見ながら自分に合った講師を選べます。おそらく、自分で講師を選ぶというこの行為も、英語レッスンへの恐怖心を和らげる要素のひとつなのでしょう。なんかね、選ぶうちに楽しくなってくるんです。それと、先生が全員フィリピン人というところも、じつは初心者からしたら安心な理由のひとつ。瞳や髪が自分と同じカラーというだけでも、緊張はほぐれる気がするんですよね。突然、ド金髪のブルーアイな先生に立ちはだかれたら、いきなりボスキャラと闘うようなもんですから(←まだ少し敵扱い)。

 最初はV6の岡田君似がいいだの、柴田理恵みたいなおっかさん型がいいだのと言っていたけれど、ここは真面目に検索。30代以上の女性で講師歴2年以上、日本語も日常会話レベルで話せて、初心者に強い人……なんていう強気の条件でしたが、なんと10数人がピックアップされて出てきました。そして色々とタイプの違う先生の中で気になったのが、日本に住んだ経験があり、バンドのボーカリストとしても活動していたという鈴木保奈美系の美人、Gee先生。そしてもうひとりは、あえて真逆の条件で検索をかけ、医療系の仕事で英語を使っているという葉加瀬太郎風の20代男性、Haruki先生を選ばせてもらいました。

 いよいよ次回は、どちらかレッスンのタイミングが合う先生との体験レッスンです!目の前に現れるのは保奈美か?葉加瀬か?もう逃げられません。誰か助けて!
【プロフィール】
川上きくえ
1973年9月11日生まれ。神奈川県出身。音楽ライター。
高校在学中から音楽雑誌のアシスタントを始め、19歳でライターデビュー。音楽雑誌を中心に、エンタテインメント誌や映画プログラム、音楽系webなどで執筆。インタビューの相手は強面のミュージシャンからアイドル、俳優など多方面にわたる。夫は音楽ディレクター。どこに出しても恥ずかしくない娘(小6)と、どこに出してもおもしろいことになっちゃう息子(小3)の二児の母。
【校閲/田仲典子(株式会社ぷれす)】
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について