English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

「TOEIC」「TOEFL」も認定、センター試験に代わる「大学入試共通テスト」

センター試験に代わる「大学入試共通テスト」に「TOEIC」「TOFLE」も認定(写真はイメージ) [拡大する]

センター試験に代わる「大学入試共通テスト」に「TOEIC」「TOFLE」も認定(写真はイメージ)

 2020年度から大学入試センター試験に代わって導入される「大学入試英語成績提供システム」。英語も「聞く・読む・話す・書く」の4技能を評価し、英語の民間試験での代替が可能になった。日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、「TOEIC Listening&Reading Test(以下、TOEIC L&R)」および「TOEIC Speraking & Writing Tests(以下、TOEIC S&W)が、今回同システムの参加要件を満たしたテストとして確認されたと発表。

 TOEIC L&Rはマークシートによる一斉客観テストで、リスニングとリーディングの2つの英語力を測定。全都道府県で2月と8月を除く年10回を実施。TOEIC S&Wは、スピーキングとライティングに特化した試験で、全国主要都市にて年24回開催している。

 「大学入試共通テスト」で活用されるのは、TOEICのほかに、実用英語技能検定(英検)、TOEFL、ケンブリッジ英語検定、IELTSなど7種。料金は約6000円〜2万5000円と、検定により異なる。

>> 知ってる? 「TOEIC」と「TOEFL」の違い

>> ビジネスシーンで活躍! 習得度で選ばれた<英会話スクール>ランキング

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。