日本語の発音にはない!? 「Cars」と「Cards」の違いとは…

「Cars」と「Cards」の発音の違い、あなたはわかる? [拡大する]

「Cars」と「Cards」の発音の違い、あなたはわかる?

 英会話を上達させるには、単語一つひとつの発音を意識することが大切。それは似たような単語であればあるほど、特に必要となる。今回は、「Cars」と「Cards」を声に出して読んでみてほしい。両者の発音の違いはわかるだろうか。

 日本語では、どちらも「カーズ」と表記され、非常によく似ているのだが、実は異なった発音をする。

 まず、「Cars」の発音。「z」の音なので、「ス」を濁らせた「ズ」の音になる。一方、「Cards」は「dz」の音なので、「ツ」を濁らせた「ヅ」の音になるのだ。つまり、カタカナで表記すると「Cars」は「カーズ」、「Cards」は「カーヅ」が正しいといえる。

 続いて、それぞれの発音方法も解説していこう。

 「z」の発音は口を少し開け、舌を上顎につけないように「ス」の音を出す。その状態のまま濁音にすると、「ズ」という音が出る。これが「z」の発音だ。「Cars」も、最後の「z」は舌を上顎につけないように抜けるような音にしよう。

 続いて「dz」の発音。まずは「ツ」と声に出してみてほしい。一度、舌が上顎についただろう。同じ舌の動かし方で濁音にすると、それが「dz」の発音になる。「Cards」では、最後の「dz」がしっかり発音されるのだ。

 日本語にはない発音の違いなので、最初は聞き取りで苦労するだろう。基本的には文脈から文章の内容を察することができるので、変な誤解を生むことは少ないが、ネイティブスピーカーは完璧に「z」と「dz」を聞き分けることができるそうだ。英語に慣れてきたら、発音の違いにも気をつけてみるといいだろう。

<記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)>

>> 語学上達の秘訣は“講師の質”!? 満足度が高い<英会話スクール>ランキング

>> “Siri”は英語学習の新たな武器? 発音チェックに最適アプリ

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close