留学先でお金を稼ぐ、海外のアルバイト事情

  • 留学先でお金を稼ぐ、海外のアルバイト事情

 留学と似た制度でワーキング・ホリデーというものがあります。海外での休暇を楽しみつつ、その滞在費を現地で就労することによって賄う制度です。語学の習得やリフレッシュを目的にワーキング・ホリデーを利用する方は少なくありません。しかし語学留学と並行してアルバイトをするのは、ワーキング・ホリデーとは似て非なるものです。しかし留学中のアルバイトを希望する方は、調べようとするとこの「ワーキング・ホリデー」の情報に占領されてしまうのではないでしょうか。ここではそんな方のために、留学中アルバイトをするための規則や条件などの情報を集めました。
 何かとお金のかかる留学生活では、アルバイトをして少しでもお金を稼ぎたいと思うのは当然です。しかし、どこの国でも留学生の労働には規制があり、賃金も学費を稼げるほど、期待のできるものではありません。各国の留学生のアルバイト事情は以下の通りです。

アメリカ・カナダでの留学生のアルバイト事情

 アメリカでは基本的に、留学ビザでのアルバイトは認められていません。ただし、大学に留学している場合は別です。アルバイトをしても成績になんら影響がでないだろうと大学側に判断されれば、2年目以降アルバイトをすることが可能です。しかし週20時間以内という決まりがあります。

 そして働く場所は、キャンパス内のカフェやブックストア、図書館などの指定があります。キャンパス外でのアルバイトは基本的に許されません。こっそりアルバイトをして見つかれば、移民局により即日本に返されてしまいます。あくまで留学生は学業が本業ですので、生活費を現地のアルバイトで賄うのは厳しいでしょう。

 カナダの場合、正規の大学生であればキャンパス内外を問わずアルバイトが可能です。
 語学留学でのアルバイトは不可能ですが、3ヶ月未満のワーキング・ホリデーであれば語学を学びながら就労も可能です。

その他の国々の留学生のアルバイト事情

 イギリスは長期学生観光ビザに限り、入国時アルバイト可の判断が下れば週20時間以内のアルバイトが可能です。もしそれ以外のビザで周りにアルバイトをしている方がいたとすればそれは違法行為です。見つかれば犯罪者として当分入国ができなくなります。

 オーストラリアは、留学中でもアルバイトができることで人気があります。週20時間以下の決まりがありますが、スキル次第で時給アップも見込めます。

 ニュージーランドは近年の法改正により、留学先の語学学校のランクによって週20時間以内のアルバイトが可能になりました。アイルランドでも同様、週20時間以内のアルバイトが可能です。

留学中にアルバイトは難しい?

 やはり留学中は勉強が本業になりますので、あまりアルバイトがしやすい環境ではないようです。時給は大体5〜7ドルぐらいで、日本と比較すると少々安価になります。

 しかし勉強しながら現地のマーケティングに関わりつつお金を稼げるので、将来グローバルマーケティングビジネスに携わりたい方にはメリットも大変大きいのではないでしょうか。留学先で勉強しつつもし余裕があれば、留学先の学校で尋ねてみるとよいでしょう。