忙しい社会人でも英会話を習得できる方法

  • 画像/ビジネスシーンで英会話を使っているイメージ

 社会人として働いているとビジネス英会話が必要になることがありますよね。ステップアップのために英語を話せるようになりたいという人もいるでしょう。

 しかし、社会人が英会話の勉強をするために、まとまった時間を取ることはなかなか難しいです。英会話の勉強をしようと思っても、仕事が忙しい環境では思っているように勉強が進まない、なかなか勉強が手に付かないという人も多いのではないかと思います。そのような時間的な制限などもあり、途中で英会話の勉強を断念してしまう人も少なくありません。社会人が本気で英語の学習に取り組み、英会話を習得しようとする場合、自分にあった学習方法を知ることが必要です。

 それでは、社会人はどのように英会話を勉強するのが良いのか、その取り組み方を紹介します。
 

英会話を学びたい社会人におすすめの方法を知ろう

 社会人になって英会話を学ぼうと思っても、一体何から始めれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。「英会話を学ぶ方法」といっても以下のような選択肢があります。

(1)独学
 本を購入したり、英単語をとにかく覚えたりするなど、自分なりのやり方で勉強をする方法です。お金があまりかからないうえに、仕事の合間など好きな時間に勉強できるという利点がありますが、かなりのやる気と工夫が必要となるので、英会話中級者(英検2級、TOIEC500〜700点程度)以上の方におすすめの勉強法です。

 また、仕事において自ら英語を使わなければならない業務に携わるという方法もありますが、そのような仕事を任せられるには少なくとも最低限の日常会話と読み書きができなければ難しく、こちらも中級者以上の方法といえるでしょう。

(2)英会話サークル
 英会話サークルとは、英会話を学びたい人、必要としている人たちなどが集まって英語を通じて交流を深めるサークルです。1回500円ほどで参加できるサークルが多く、仲間がいるので楽しんで英会話を勉強することができます。市区町村の公民会館や会議室、カフェなどで行われることが多く、初心者でも気軽に行える学習方法の一つです。

(3)オンライン英会話
 インターネットを利用して、英会話講師とオンライン環境で英会話の勉強ができるのがオンライン英会話です。ある程度自主的に会話をする必要があるため、中級レベルの人におすすめです。1ヶ月あたり5000円〜7000円ほどと、英会話教室より比較的安い料金で勉強することができますが、学習プログラムがきちんと作られていなかったり、講師の質にムラがあったりと注意が必要です。

(4)英会話教室/英会話スクール
 初心者も上級レベルの人にもおすすめなのが英会話教室/英会話スクールです。講師と直接やり取りしながら英語を学べるので、社会人に必要となる“ビジネス英会話”もしっかり教えてもらうことができます。きちんと組まれたカリキュラムに沿って学ぶことができるのも、英会話教室の大きな魅力といえるでしょう。“ビジネス英会話”専門のコースを用意している教室もありますので、特にビジネスに特化して英会話を学びたい場合には有益です。

 1レッスンにつき3000円〜5000円ほどかかるのがネックですが、英会話教室が最も短期間で英会話を習得できる勉強法であるといえます。最近の英会話教室は、急な仕事で出席できなくなった場合に、他の曜日や時間への振り替えが可能であることが多いので、忙しい社会人でも無理なく続けることができます。

 気を付けなければならないのが、通うだけで満足してしまい、なんとなく授業の時間を過ごしてしまうことです。講師とやり取りして、カリキュラムに沿って学ぶことができるとはいえ、自発的に会話をする、予習復習を行うなどを心がける必要があります。

英会話教室/英会話スクール 最新ランキングをチェック>>

社会人から英会話を習得するには目標を決めるようにしよう

 社会人になってから英語を学ぶ理由は人によってさまざまですが、ビジネスで必要となる英会話を習得するのは、簡単なことではありません。どうしても、ある程度レベルの高い英会話になってしまいますので、急に習得しようと思っても想像以上に難しく、すぐに挫折してしまうことになりかねません。挫折せずに勉強を継続するために必要なことは、「勉強をする前に目標を立てる」ということです。

 目標を決めるときは、達成できるぐらいの目標を立てるようにしましょう。いきなり高い目標を決めると、なかなか達成できずに挫折してしまうこともありえますので、まずは基礎的なことから目標設定をするようにしましょう。本気で英会話の習得を成功させたいのであれば、自分自身のレベルにあわせて勉強に取り組むことが大切です。

 英語でかかってきた電話の取次ぎをする、英語の会議で1回発言をする、英語でメールのやり取りをするなど、最初は簡単な目標であっても、少しずつ達成していくうちに達成感を味わうことができますし、自分が望んでいるレベルに近づけます。達成できる目標をその都度立てて達成していけば、求めている英会話レベルに到達することができます。

社会人が英会話を学ぶ際にできるだけ費用を抑えるコツとは

 いくら社会人で仕事をしているといっても、費用はできるだけ安く抑えたいものです。
そこでおすすめしたいのが、英会話教室の「教育訓練給付制度」です。教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たしている会社員が、厚生労働大臣の指定する「一般教育訓練給付制度対象コース」を修了した後に申請をすることで、本人が支払った教育訓練諸経費の一定金額がハローワークから支給されるという制度です。

 初めて利用する人は「雇用保険加入期間が満1年以上」、2回目以降を利用する人は、「雇用保険加入期間が満3年以上」であるという条件を満たしている必要があります。条件を満たしていないと利用することができない制度ですが、最大で20%の学費が戻ることがあるので、利用できるのであれば利用した方が断然お得です。英会話の勉強をするときは、条件に当てはまるかどうか確認するようにしましょう。費用を抑えるためにぜひ利用することをおすすめします。

(一般教育訓練給付の対象者)
・雇用保険の被保険者期間が3年以上(初回に限り、1年以上)である
・在職者(雇用保険の被保険者)
・雇用保険の被保険者でなくなった(離職した)日から1年以内(妊娠、出産、育児、疾病等で教育訓
 練給付の対象機関が延長された場合は最大4年以内)

知らないと損!タイプ別社会人におすすめ英会話勉強法

 社会人だと忙しくてなかなか英会話の勉強に時間を費やせない、ということもあると思いますが、勉強をする際は自分自身の性格にあった方法で勉強をした方が効率よく学ぶことができます。

【短期集中型で勉強したい人】数ヶ月の短期集中で成果を出すことができる英会話教室のマンツーマンレッスンがおすすめです。週に2回でも良いので、マンツーマンでしっかり教えてもらうことで、1ヶ月もすると自分でも驚くほどの成果が出ているはずです。

【じっくりと英会話を学びたい人】月に数回少人数、もしくはマンツーマンの英会話教室に通いながら、英会話の本やPC・スマートフォンなどのデバイスを活用して、自分でも英語を勉強することをおすすめします。英会話の本やスマートフォンを活用すれば、通勤時間などでも勉強することができるので、社会人でも時間を有効活用することができます。

 何かをコツコツ行うのが好きな人は、長期間勉強を続けても苦にならないと思いますが、すぐに結果を出したい人や飽きっぽい人などは、とにかく短期集中で英会話を勉強した方が身に付きます。自分はどのタイプなのか、しっかり把握したうえで、自分に適した勉強法をするようにしましょう。

 忙しい社会人が英会話を習得するために、どうすればいいのか紹介しました。どれだけ頑張っても1週間ほどの短期間で英会話を習得することはできません。英会話を習得することは簡単なことではありませんが、勉強を積み重ねることによって英会話を習得することは可能です。まずは自分自身の性格をきちんと把握し、その次に自分のスケジュールを把握して、どの勉強方法が向いているのかを検討してみましょう。

 自分のライフスタイルにあった方法で英会話を勉強すれば、社会人であっても無理なく学習を続けることができるはずです。忙しいからと諦めずに、スケジュール調整をして英会話の習得を目指していきましょう。