今さら聞けないチップの常識&スマートな渡し方とは?

海外でチップが必要な状況とは? スマートな渡し方も解説! [拡大する]

海外でチップが必要な状況とは? スマートな渡し方も解説!

 海外で渡す“チップ”は、サービスをしてくれた相手への感謝の気持ちを表すもの。日本で旅館の仲居さんに包む「心づけ」に似ている。アメリカやカナダ、ヨーロッパの一部を中心に、海外でチップが必要な国は意外と多い。そこで、チップが必要な状況におけるスマートな渡し方を、筆者の経験も交えながら確認しておこう。

■シャトルやタクシーでは紙幣でチップを

 空港のタクシー配車係やエアポートシャトルなどのドライバーに、荷物の積み降ろしを手伝ってもらったら、お礼の気持ちとしてチップを渡すのが常識。荷物1個につき1ドルが目安だ。また、タクシードライバーには、下車時に乗車金額の15〜20%を上乗せして支払うことが多い。小銭の部分を切り上げて紙幣で支払う、もしくは、乗車金額はクレジットで支払い、チップは紙幣で渡すといいだろう。経験上、チップも含めて全てクレジットで支払うと、ドライバーからはあまり喜ばれないことが多いため、乗車時におおよそのチップを予測して現金を持っておくのがオススメ。

■ホテルのポーター&ベッドメイキングには最低1ドル

 たいていのホテルは、フロントでチェックインすると、ポーターが部屋まで荷物を運んでくれる。こちらも、荷物1個につき1ドルが目安。また、ベッドメイキングには、毎日1人につき最低1ドルを枕元やベッドの脇に紙幣で置いておこう。ルームサービスを頼んだ場合は、15〜20%程度のチップがあらかじめ含まれていることが多いので、基本的にチップは不要。チップが含まれているか、必ず伝票を確認しよう。また、フロントやコンシェルジュにも、特別なことをお願いしない限り不要だ。ただし、駐車をお願いするバレーパーキングでは、1回につき5ドル前後のチップを渡そう。チップを渡すタイミングは、車を持ってきてくれたときがベストだ。

■レストランではお釣りの出ないようにチップ込みで支払うとスマート

 セルフサービスを除くアメリカのレストランでは、基本的にチップが必要。カジュアルな雰囲気のお店から高級店まで、レストランのランクによってチップの相場は変わるが、最近は消費税を除いた合計金額から20%以上を上乗せした金額を支払うことが、ほぼ基本となっている。

 アメリカのレストランはテーブルでの会計が多いため、クレジットでの支払いの場合は、会計をするレシート伝票を持ってきてもらい、差し出されたレストラン控え用の伝票に、チップの金額とチップを含んだ合計金額を記入しよう。現金払いの場合は、お釣りがないようにチップの金額を合わせて紙幣のみで支払うか、お釣りがある場合は、「チェンジ プリーズ」といってお釣りをもらってから、チップ分の紙幣をテーブルに置いてそのまま立ち去るかのどちらかにするとスマートだ。小銭を置くことは失礼になることもあるので、現金払いの場合は必ず、紙幣のみにしよう。

 なお、チップを渡し忘れる日本人観光客が多いことから、ハワイなどではレシート伝票にチップ料金が含まれてある場合も多い。「Gratuity Included」と記載されている場合、または「Gratuity」や「Tip」の項目に金額が記入されている場合は、合計金額にチップが含まれており、追加で支払う必要はない。

■トイレはコインでもいいのでお礼としてチップを

 海外の高級レストランやバーなどでは、トイレを清掃してくれているスタッフにチップを支払うのがマナーだ。1ドル札があれば良いだが、コイン数十円くらいでも構わないので、チップ皿や箱の中に入れよう。

 小銭でチップを払うのはあまりスマートではないので、滞在中は1ドル札を多めに用意すると安心。ちなみに筆者は、チップ用として、毎回空港で1ドルや5ドル札を多めに両替しておく。また、うっかりほかの支払いでそれらの小額紙幣を使わないようにすることと、慌ててごそごそと1ドル札を探すことなく、すぐに取り出せるように、財布ではなくショルダーバッグのポケットなどに畳んでしまうようにしている。チップを手渡しするときは、笑顔で「Thank you」と言いながら、さらっと渡すのがスマートだ。

記事/Nana Takeda(ライフスタイル エディター&ライター)
18歳からアメリカに単身留学。帰国後、出版社に入社。ファッション&ライフスタイル雑誌の編集者として海外取材を数多くこなす。独立後は日本を拠点に、年の3分の1以上は海外に滞在し、さまざまな記事を執筆している。

>> “英会話”を学ぶならドコがいい? 最新のスクールランキングを発表!

>> 現地レートの自動計算からタクシーの手配まで! 海外で役立つアプリ【5選】


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close