ビジネスで使える“英語の資格”は? オススメも紹介

ビジネスで“使える英語の資格”は何? [拡大する]

ビジネスで“使える英語の資格”は何?

 ビジネスでのグローバル化に加え、2020年に開催される東京五輪を控えて、英語力と知識を身につけたいと考える人が増えている。せっかく英語を勉強するなら“使える英語の資格”も取りたいという人のために、今回はオススメの資格試験を紹介したい。

■語学試験で唯一の国家試験は「通訳案内士」

 語学に関する資格試験は数多く存在するが、使える英語の資格となるとオススメは「通訳案内士」。

 語学の試験としては唯一の国家試験で、国土交通省観光庁主管の通訳ガイド(通訳案内業)になるための資格試験だ。通訳ガイドは外国人に付き添うもので、報酬を受けて旅行案内の業を営む場合は、通訳案内士法の規定により、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要がある。

 この通訳案内士は、単に語学力が優秀であるだけでなく、日本の地理、日本の歴史、さらに産業、経済、政治および文化といった分野に至る幅広い知識、教養を持って日本を紹介する重要な役割を担っている。日本の文化を英語で説明する日本特有の資格といってもいいだろう。

■無資格での通訳案内では報酬がない

 ちなみに、通訳案内士(通訳ガイド)を規定する通訳案内士法が平成18年4月に施行されており、「通訳案内士でない者は、報酬を得て通訳案内を業として行ってはならない」「違反すると50万円以下の罰金に処せられる」と定められている。つまり、無資格での通訳案内では報酬はないということだ。

 2013年4月1日現在の登録者数は1万6779人で、2013年度通訳案内士試験に合格したのは1201人。対象言語は、現在10言語。英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、韓国語、タイ語のうち、1言語を選択して受験する仕組みとなっている。

■TOEICテストの成績次第で筆記試験が免除対象に

 また、平成26年度より、TOEICテストが通訳案内士試験の英語筆記試験の免除対象として、新たに認定されている。TOEICの公開テストで840点以上、TOEICスピーキングテストの公開テストで150点以上、またはTOEICライティングテストの公開テストで160点以上を得た者が、英語による通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(英語)を免除される。

 そういう意味では、まずはTOEICテストのスコアアップを目指すのもいいかもしれない。

>>ビジネスマンが選んだ満足度が高い
【英会話スクール】ベスト17

>>カリキュラムの充実度で選ばれた
【英会話スクール】


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close