English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

英語で「つまり」は? ディズニープリンセスに学ぶ仕事で使える英会話フレーズ

『リトル・マーメイド ダイヤモンド・コレクション 』(C) 2018 Disney [拡大する]

『リトル・マーメイド ダイヤモンド・コレクション 』(C) 2018 Disney

 4月から心機一転、あらためて仕事に気合を入れている人も多いだろう。ビジネスの現場では、上司や同僚、取引先や顧客まで、外国人とコミュニケーションをとる機会が増えつつある。そんなとき、「これは英語でなんて言うの?」と慌てないよう、ちょっとしたフレーズを覚えておくと便利だ。

◆仕事でも使える、シンプルで正しい英語フレーズを覚える

 とはいえ、一口にフレーズといっても多種多様。仕事相手に使うなら、「変な言い回しをして笑われたくない」「本当に自分の意図に合っているか気になる」 と、一抹の不安を覚える人も多いのでは? そんな人にオススメなのが、実はディズニー映画なのだ。

 ディズニー映画といえば、子どもから大人まで楽しめる作品ばかり。それだけに、シンプルかつ良質なフレーズの宝庫だ。今回は、中でもディズニープリンセス映画に登場するフレーズをセレクト。ビジネスの場でも日常会話でも、とっさの一言を覚えて活用してみよう。

◆上司や取引先にも…ビジネスに使える言い回し

【You can count on me.】
・お任せください
『美女と野獣』ルミエールの発言。「count on」は「頼りにする、当てにする」。「count on you」と言われたら、「期待している」の意味。

【I’m on my way.】
・すぐ行きます
『美女と野獣』ベルの発言。「今、向かっている最中」という意味。

【Not yet.】
・まだです
『リトル・マーメイド』アリエルの発言。「まだしたくない」「まだし終えてない」の意味。

【I guarantee it.】
・断言します
『美女と野獣』ベルの発言。「guarantee」は「保証する」。自信を持って言いきるときに。I’m positive(自信がある)という表現もあり。

【You have my word.】
・約束します
『美女と野獣』ベルの発言。「word」は「約束、保証」の意味。

【I said“if.”】
・条件付でイエスと言いました
『シンデレラ』継母の発言。条件付きで提案するとき、不確定な要素が強いことを強調したいときに。

◆同僚や仲間とスムーズにコミュニケーション

【I’m so glad!】
・良かったわ!
『白雪姫』白雪姫の発言。シンプルに喜びを表す。

【Imagine that.】
・それはすごい
『美女と野獣』ベルの発言。「想像してみて」「想像してもみなかったでしょう」が転じて「すごい、驚いた!」というニュアンス。

【Where was I?】
・どこまで話したっけ?
『美女と野獣』コグスワースの発言。話が中断された後に戻る場合に。「Where am I?」と現在形にすることも。

【The point is〜.】
・つまり
『美女と野獣』ガストンの発言。「つまり、要するに」。話の要点をまとめる、強調するときに使う。

【I mean〜.】
・じゃなくて
『リトル・マーメイド』スカットルの発言。直前の発言を訂正・補助するときの「というか」「つまり私が言いたいのは」というニュアンス。

【Not another word.】
・それ以上言わないで
『美女と野獣』ポット夫人の発言。「another word」で「それ以上一言も」。

【Now I get it!】
・ようやくわかった!
『美女と野獣』ル・フウの発言。「Now」を付けずに「なるほど、わかった」という返事にも。

【Let’s give it a try.】
・とにかく試してみよう
『美女と野獣』父モーリスの発言。「一度」「とりあえず」というニュアンス。

【What are we waitin’ for?】
・ぐずぐずしてはいられない
『美女と野獣』父モーリスの発言。「何をぐずぐずしているの?」と相手を促すなら「What are you waitin’ for?」。

◆仕事がうまく行かなかったときにも…

【What do you do when things go wrong?】
・うまくいかないとき、どうしたらいい?
『白雪姫』白雪姫の発言。「when things go wrong」は「物事がうまくいかないとき」。

【Do not lose heart.】
・あきらめないで
『シンデレラ』隊長の発言。「lose heart」は「やる気をなくす、がっかりする」。

【He was so close.】
・もう少しだったのに
『美女と野獣』ルミエールの発言。「近づいた」のに「惜しかった」という意味。「危ないところだった」という意味も。

【You’ve got to pull yourself together!】
・元気を出して!
『美女と野獣』ル・フウの発言。「pull yourself together」は「気を取り直して、自分を取り戻して」というような意味。「しっかりして!」と叱咤激励するときに使う。

【Well,that’s that!】
・ああ、それは仕方ない!
『リトル・マーメイド』セバスチャンの発言。「That’s that」は「もうそれでいい」というニュアンス。最初にWellやandを付けることがある。

【Let bygones be bygones.】
・過去のことは水に流そう
『美女と野獣』コグスワースの発言。「過去のことは過去にしておく」という意味。

>> 【写真】日本初公開!ディズニーのお宝とは!? 『美女と野獣』あのドレスも

>> 自分の成長を実感!【英会話レッスン 満足度ランキング】

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。