English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

羽生選手も得意なトリプルアクセルを完コピ、お騒がせフィギュアスケーターの半生とは?

主演女優のハーディング完コピがすごい!(上がマーゴット・ロビー)(C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved. [拡大する]

主演女優のハーディング完コピがすごい!(上がマーゴット・ロビー)(C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 90年代のアメリカ人女性初のトリプルアクセル成功者、フィギュアスケート選手のトーニャ・ハーディングを覚えているだろうか。五輪代表としての活躍以外にも、ライバルだったナンシー・ケリガン襲撃事件、リレハンメル五輪での靴紐ハプニングなど、まさに“お騒がせフィギュアスケーター”だった彼女。その半生を描いた映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』が、5月4日から公開される。主演のマーゴット・ロビーによるハーディングとシンクロ率100%の演技、懐かしさも感じるハデハデ衣装など、当時のことを知らない人でも楽しめる作品となっている。

 最初に注目したいのは、マーゴット・ロビーの熱心な役作りが実を結んだ、ハーディングの完コピぶりだ。マーゴットは、撮影に入る前から週5回、1日4時間スケートを猛特訓。クリスマス・イブ、大晦日、さらには自身の結婚式の前日までアイススケートリンクに立っていたというほど、役作りに没頭したという。解禁された比較画像は、ハーディングが初めてトリプルアクセルに成功した、1991年の全米フィギュアスケート選手権での場面。トリプルアクセルといえば、かの羽生結弦選手も得意とするジャンプ。そんな難易度の高い技を成功させた当時のハーディングの写真と、演技でそれを成し得たマーゴット。弾けるような笑顔を見せる“2人のハーディング”を見比べてほしい。

 もうひとつが、劇中に登場する衣装コレクション。フィギュアスケートでは、衣装も欠かせない要素。過度な露出NG、仮面着用&小道具使用NGといった厳しいルールの中、ハーディングの衣装は個性豊かなものばかり。劇中では、1994年“靴紐ハプニング”で着用していた衣装も再現。バーガンディカラーをベースに、ゴールドとシルバーの飾りが散りばめられたゴージャスなデザインだ。

 ほかにも、黄色と紺色を交えた練習衣装、パープルに波のようなシルバーのデザインなど、印象的な衣装がいくつも登場する。貧しい家庭だったからか、当時の衣装はすべて彼女自らの手作りだったそう。そんな裏話を交えて見ると、さらに作品が楽しめるだろう。

 同作は、幼い頃から暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。アメリカ人女子選手初のトリプルアクセル成功者であり、2度の五輪代表となったハーディングをフィーチャーしたドキュメンタリー番組を映画化。彼女の生い立ちから、母親との関係、フィギュアスケート史上最大といわれる衝撃的な事件の意外な真相など、波乱万丈な半生を描く。

 第90回アカデミー賞とゴールデングローブ賞で助演女優賞も受賞した話題作。フィギュアスケート好きも楽しめる一作だ。

>> 【写真】フィギュア史に残るスキャンダル“靴紐ハプニング”時の衣装は

>> 自分の成長を実感!【英会話レッスン 満足度ランキング】

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。