高校受験 集団塾 首都圏の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 成績向上・結果 適切な受講料 適切な人数・クラス 講師 カリキュラムの充実度 自習室の使いやすさ 教室の設備・雰囲気 通いやすさ・治安 スタッフ 入試情報
都道府県別 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県

カリキュラムの充実度 満足度ランキング

1位

70.08

どの先生方も、一人一人の性格など把握しており誰に聞いても勉強のやり方など的確に教えてもらえた。また、本来休校日でも希望者が集まると補講をして頂けた。(50代/女性)

2位

67.91

各生徒とのコミュニケーションも十分で、進路指導もきめ細かく見てくれた。(40代/男性)

3位

67.69

塾に行くことで成績が上がってきていると思う。また、塾に行くことが苦ではなく、逆に楽しく通っているように思える。(50代/男性)

4位

66.95

全体的に熱心で、生徒や保護者に対しても対応が良かった。(50代/男性)

5位

66.83

部活との両立、夏休みの夏期講習の欠席したときのフォローなどしっかりと対策もしていただけた。(40代/女性)

7位

66.59

それまでなかなかやる気の出なかった息子が、スゴく頑張って勉強するようになったのには、たいへん満足しています。初志貫徹で第一志望校に合格できました。(50代/女性)

8位

66.05

熱心な先生が多く、子どもは先生方を信頼はしている。また、ハイレベルなクラスの仲間に刺激され、勉強に対する姿勢に影響があると思う。(40代/女性)

9位

66.03

講師がとても熱心で、生徒も影響されていた。その友達に影響をうけて、一緒に勉強するようになった。勉強場所も提供してもらえ、安心だった。(40代/女性)

10位

64.78

埼玉県は高校受験するにあたってのステップが複雑かつ保護者がみずから受験する学校にアピールしていかなくてはならないため、塾からの情報提供や対策等のサポートが非常に役に立ちます。(40代/男性)

高校受験 集団塾 首都圏 利用者5,709人が重視した項目

成績向上・結果
24.23%
適切な受講料
16.34%
適切な人数・クラス
14.17%
通いやすさ・治安
13.2%
講師
12.05%
カリキュラムの充実度
4.91%
入試情報
4.62%
スタッフ
4.18%
自習室の使いやすさ
3.28%
教室の設備・雰囲気
3.02%

重視項目とはユーザーが、商品やサービスを利用・選定する際に重要視した項目を調査したデータです。数字の大きい項目ほど、重要視している結果となります。

地域別 満足度の高い高校受験 集団塾 首都圏

調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!

高校受験 集団塾 首都圏 ランキング

オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
5,709

この高校受験 集団塾 首都圏ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ジャンル・ランキング定義
調査詳細について

調査概要

事前調査
2019/03/22〜2019/06/24
更新日
2019/11/01
サンプル数
5,709人(北海道/東北/北関東/首都圏/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州を含む全国調査における総サンプル数18,009人)
規定人数
100人以上
調査企業数
40社
定義
中学生を対象に高校受験を目的とした集団授業を行っている塾。
以下は対象外とする。
・高校受験向けではない塾
・中高一貫校生専門の塾
・一部の教科のみを扱っている塾
・映像授業が主体の塾
調査期間
2019/06/25〜2019/07/29
2018/07/18〜2018/07/30
2017/07/20〜2017/08/07
調査対象者
性別:指定なし 年齢:現役中学生を持つ保護者:男性32歳以上、女性30歳以上/現役高校生を持つ保護者:男性35歳以上、女性33歳以上 地域:首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県) 条件:高校受験を対象とする集団塾に通年通学している(したことのある)現役中学生/高校生の保護者

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「ランキングTOP」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

設問内容 アンケート調査を実施した際の質問事項です。満足度評価項目のほか、該当サービスの利用状況や検討内容を質問しています。

調査企業

過去ランキング

推奨意向

継続意向