東日本国際大学、学術シンポジウム『フクシマの復興と日本の将来』を開催

 東日本国際大学は3月10日、学術シンポジウム『震災から一年 フクシマの復興と日本の将来』を開催する。先の東日本大震災により地震被害だけでなく福島第一原子力発電所の損壊による放射能災害、原発による風評被害の“三重苦”を強いられている福島県で、「原子力とどのように向き合うべきか」や「今後どのような生き方を選択していくべきなのか」を有識者が一堂に会し総合検証を行う。

 2部構成で行われる同シンポジウムは、第1部は北海道大学大学院・中島岳志准教授の基調講演、第2部はパネルディスカッションとなっており、福島県双葉郡富岡町・遠藤勝也町長の原発最前線での現状報告をはじめ、東北大学大学院・片岡龍准教授が問題点を改めて明確にする。また、東日本国際大学経済学部長兼地域経済・福祉研究所の福迫昌之所長は、いわきからみた震災と原発の意義について論じる。

 同シンポジウムは午後2時より同大学付属昌平中学校・高等学校体育館で開催。

タグ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。