年代別英語教育

高校生からの英会話・英語教育

高校生からの英会話・英語教育

高校生は、その多くが将来の具体的な展望を描き始める年代です。国際的な職業を志しているお子様であれば、学校での英語学習にも力を入れ始めているのではないでしょうか。具体的な夢や目標が定まっているなら、専門的な勉強を始めても時期尚早ではありません。興味があること、特に将来に直接関係あることに関しては決して費用を惜しまず、その能力をのばしてあげましょう。

中学生からの英会話・英語教育

中学生からの英会話・英語教育

中学に入ると、科目ごとの得意不得意がより明確になってきます。最初に苦手意識を持ってしまうとローマ字を見るのすら苦痛になってしまい、どんなにわかりやすい教科書を与えられても反射的に拒否反応を示してしまうようになります。苦手意識を持つ前の段階で、ナチュラルに英語を受け入れられるコンディションを整えてあげましょう。

小学校高学年からの英会話・英語教育

小学校高学年からの英会話・英語教育

文部科学省は今後2020年までに英語教育に関する法改訂を検討しています。これが施行されると、現行小学5年生から開始している英語教育が小学3年生に引き下げられます。

小学校3年生からの英会話・英語教育

小学校3年生からの英会話・英語教育

文科省は今後、小学英語の開始時期を従来の小学5年生から小学3年生に前倒しする方針を固めました。今回の法改訂に伴ってこれを小学校3年生から開始し、小学校5年生から主要科目として現在中学で行われている読み書きの授業が始まることになります。

6歳(小学校低学年)からの英会話・英語教育 TOP

6歳(小学校低学年)からの英会話・英語教育 TOP

聴覚において、言語を聞きとる能力は幼児期に形成されるといわれています。より短い期間で劇的に修得したいのであれば、幼児期の段階から訓練していくことをおすすめします。6歳のお子様であれば今からでもおそくありません。これから英語教育を受けても、充分に能力をのばすことができるでしょう。

1歳、2歳、3歳からの英会話・英語教育

1歳、2歳、3歳からの英会話・英語教育

1~3歳は、運動能力や認知能力、そして言語能力が身に付き、自我も芽生え始める非常に重要な時期です。生涯にわたって安定した英会話能力をお子様が修得するには、この時期から英語教育を始めることをおすすめします。幼児の英会話教育について各機関の特徴を紹介します。

0歳・乳児からの英会話・英語教育

0歳・乳児からの英会話・英語教育

生後間もない乳児の吸収力を侮ってはいけません。まだほとんどのことを身につけていない乳児だからこそ、短期間で英語を身に付ける可能性を秘めているのです。ぜひ、0歳の段階から英会話の練習を始めてみてはいかがでしょうか。

胎児からの英会話・英語教育

胎児からの英会話・英語教育

胎教が成果をもたらすかどうかは科学的に証明されていませんが、実践されたお母様方の話を聞いているととうてい無関係とは言い切れません。胎教が赤ちゃんの一生を左右するという専門家もいるほどです。ここでは数ある胎教の中から、特に英語教育に関する実践方法や教材を紹介します。

年代別子ども英会話・子ども英語教育のすすめ

年代別子ども英会話・子ども英語教育のすすめ

子どもの間に英語を修得しておくことがいかに重要か、大人になってから気付いた方も多いのではないでしょうか。自分の子どもには、より効率的に英語を修得してもらいたいですよね。ここでは、各年代別に重要な英語教育への取り組み方を説明します。

▲年代別英語教育 TOP

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。