小学校高学年からの英会話・英語教育

  • 小学校高学年からの英会話・英語教育

 文部科学省は今後2020年までに英語教育に関する法改訂を検討しています。これが施行されると、現行小学5年生から開始している英語教育が小学3年生に引き下げられます。英語のカリキュラムが2年前倒しになるので、中学入学と同時に開始する読み書きの練習が小学5年生から始まることになるのです。この年代はほかの科目の難易度もグンとあがり、授業についていくのが大変になってきます。将来のことを考えると、英語はただの1科目と考えず、身のあるものにしてあげたいですよね。

塾感覚で、英会話教室

 お子様の「将来の夢」の選択肢を広げてあげるためにも、語学力は最大限に育ててあげたいものです。しかしいくら制度が変わって英語教育が前倒しになっても、学校の授業だけでは充分に能力を育てることはできません。ここで重要なのが英会話教室の存在です。今後はお子様が塾感覚で英会話教室に通う家庭も増えてくるでしょう。
 英会話教室の小学校高学年向けコースは、小学校で習う英語はもちろん中学英語の予習として基本的な読み書きや基礎を修得することが可能です。上級コースはネイティブ講師による会話実践など、よりリアリティのある英会話を体験することができます。授業はグループレッスンのほかにもマンツーマンレッスンを選択することもできますので、恥ずかしがり屋のお子様でも授業に取り組むことができるでしょう。

英語に特化した中学に進学する

 最近は私立の中学校で英語教育に力を入れているところも多いです。中でも、海外研修プログラムや帰国子女・留学生を積極的に受け入れている学校であれば、特に英語の修得がスムーズに行えるでしょう。各学校の偏差値にも左右されますが、受験するなら英検2級(高校卒業時程度)には達しておく必要があります。早くから勉強を始めるに越したことはありませんが、小学校4、5年生からコンスタントに英会話教室に通っていれば、さほど難しいレベルではありません。大切なのは周りの協力です。家族一体となって英語に親しむ空気作りをしましょう。

子供に留学させるなら

 小学校高学年であれば、単身留学、親子留学、長期休暇を利用したサマースクールなどを体験することができます。サマースクールは大体6月から8月末にかけて短期集中型で行います。小学生から単身留学を受け入れているイギリスやスイスでは、長期間寮生活によって英語を学びます。
 親子留学は、保護者同伴で数ヶ月間滞在します。お子様にとって留学は、語学習得以外にも社会経験を積むよい経験ができるのではないでしょうか。ただし、小学校を長期間休むとなると、ほかの科目についていくのが大変になってしまいます。他の科目を犠牲にしてまで英語能力を育てるべきか?これについては学校の先生としっかり話し合った方がよさそうです。

子どもの興味の芽を育てる

 小学校高学年、特に女の子は「大人に対する憧れ」が芽生え始める年頃です。「英語を話せるってカッコいい!」という意識もこの頃表れるのではないでしょうか。普段使っている日用品の表記、街中の看板、あらゆるところで目に入る横文字の意味が気になりはじめます。この「興味」の芽を決して見過ごしてはいけません。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。