年代別子ども英会話・子ども英語教育のすすめ

  • 年代別子ども英会話・子ども英語教育のすすめ

 日本社会は今急速にグローバル化が進んでいます。英語を公用語にしている大手企業も徐々に増えてきました。今の子供たちが大人になったとき、環境は180度変わっているかもしれません。
 子どもの間に英語を修得しておくことがいかに重要か、大人になってから気付いた方も多いのではないでしょうか。自分の子どもには、より効率的に英語を修得してもらいたいですよね。ここでは、各年代別に重要な英語教育への取り組み方を説明します。

胎児〜幼児期の場合

 胎児はお母さんのおなかの中から物事を記憶し始めるといいます。最近では、胎教として英語教育を行う方も最近は多いようです。英語で話したり、歌を聞かせたりすると、物心ついてからすんなりと英語を受け入れられるようになるといわれています。もちろん、0歳からはじめる方もいらっしゃいます。乳児は言葉こそまだ発せませんが、会話や音を聞いて徐々に意味を理解し始めます。最近では乳児のための英会話教室も開講しています。
 最も英会話の修得に重要な時期といわれているのが1〜3歳です。言語を理解し、物事を認知し、言葉を発します。このとき教えられた英語という言語は、潜在意識に深く刷り込まれるのではないでしょうか。

小学校の場合

 小学校低学年は、生活に最低限必要な動作は1人でこなせるようになる年頃です。読み書き計算の勉強も始まり、英語教育も、より実践的なカリキュラムに変化します。さらに、小学校における英語教育のスタートがこれまでの5年生から3年生に引き下げられることが見込まれています。まだ学歴に差がない状態から足並みを揃えて英語勉強が始まりますので、この段階で別途英語教育をこなしていれば、同級生の先導に立って授業を進めることができるでしょう。
 小学校高学年は、同級生との学力の差が生まれ始める年代です。この時期に英会話の特別な訓練していれば、きっと一生の武器となるでしょう。

中学生・高校生の場合

 中学生は、自分という人間を表現するために様々な可能性を模索し始める時期です。多くの子どもは勉強=しんどいものだと解釈してしまうと、身なりや素行など簡単に個性を表現できる手段に逃げてしまいます。そうさせないためにも、芸術に触れさせたり語学に興味を抱かせたりして、中身を伴う表現手段の可能性を与えてあげましょう。
 高校生は、より具体的な将来の目標に向かって動き始める時期です。今の高校生は大人よりも未来の英語の重要性を理解しているのではないでしょうか。未来を担う幾多の可能性を抱えたお子様の夢をかなえてあげるためにも、英語の勉強にはできる限り今日協力してあげたいものです。

それぞれの未来のために

 そう遠くない未来、英語は教養として最低限覚えておくものではなく、第二言語として必要なスキルへと変化するでしょう。大人である私たちも例外ではありません。お子様自身が、そして日本という国が理想の未来を築くためにも、英語の勉強は早く始めるに越したことはありません。
次項以降、各年代別に英語教育の方法、要点をまとめています。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。