工学院大学、『東京駅復元模型製作プロジェクト』発足

 工学院大学は、大学創立125周年記念事業として『東京駅丸の内駅舎復元模型製作プロジェクト』を発足させた。同プロジェクトは、建築学専攻の大学院生、建築学部の学生が中心メンバーで、かつての駅舎の姿と復元後の姿を模型で比較することで、「建物の構造・技術や重要文化財の復元についての学びを深める」(同大)ことを狙いとしている。

 丸の内駅舎は、同大のルーツである工手学校の創立者の一人であり、近代日本建築の祖といわれる辰野金吾博士が設計し1914年に創建されたもの。現在、保存・復元工事中だが、同大の創立125年目にあたる今年にその工事が完了することと、昨年、同大に日本初の建築学部が開設されたことから、記念事業として今回のプロジェクトが立ち上がった。

 復元模型は50分の1スケールで製作され、完成は10月予定。その後、一般公開も予定している。

タグ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。