乳児への英語教育は効果ある? 利点や学べる環境も紹介

乳児への英語教育の利点を紹介 [拡大する]

乳児への英語教育の利点を紹介

 乳児や0歳児から英語教育を行うことに疑問を持つ人もいるだろう。日本語すらままならないこともあり、発育に悪い影響を与えるのではないかと考えしまうのもよくわかる。だが、生後間もない乳児の吸収力は侮れません。何も身につけていない乳児だからこそ、英語を身に付ける可能性も秘めている。0歳の段階から英語や英会話を始めても、決して損はないのだ。

■教室で学ぶ

 昨今では、ほとんどの「子ども英会話教室」で0〜2歳を対象としたクラスが設けられている。親と一緒に授業を受けながら、ゲームや歌、リトミックなどのプログラムで英語に触れていくものが多い。講師においても、親がネイティブか日本人か、または両方を選べるところもあり、子どもにあった形が選びやすくなっている。

 乳児にとっては、目に映る全てのものが興味の対象。そこにさらに「楽しい」「うれしい」の感覚が加わると、より脳にインプットされやすくなると言われているので、教室選びの際は、体験入学をしてみて、子どもが楽しめているかを確認するといいでしょう。

 また、自宅で教えたい場合は、専門機関の通信教材や市販の教材も便利。人気キャラクターを起用した英会話教材もあり、長く英語教材を作り続けてきた専門業者ならではの配慮がされているものもある。また、カードを機械に差し込むことで、カードが動いたり、英語の音声が流れたりする「カードリーダー」などで興味を持たせるのも一つの手です。

 ただ、英語絵本や聞き流しCDといった教材を利用する場合は、子どもの気を引く工夫をしたり、学ぶ段取りを考えたりと、少し苦労する部分もあるでしょう。的確に指導するにはある程度、勉強することも必要となる。

■保育園で学ぶ

 幼児が英語に触れる環境としては、英会話スクールのほかにも、英語コースのある保育園やサービスとして英語教育を取り入れている託児所などもある。

 同年代の子どもと一緒に受ければ、より楽しく語学の習得に取り組める可能性もある。また、各教育機関や代表者のプランによって、具体的なカリキュラムの方針や内容が異なるので、受講する場合は複数の教室から資料請求して、検討するといいでしょう。

■乳児から英語を始める利点

 英会話は大人になればなるほど習得が難しくなるといわれている。発音や耳が日本語に慣れてしまうので無理もないでしょう。一方、乳児は先入観や固定観念もなく、全てゼロの状態。目にしたもの、耳で聞いたものが純度の高い状態でインプットされていくうえ、発音や言語を感覚的に区別することもできるのだ。そういった意味でも、早くから英語に触れさせることで、自然に身につく能力を養うことにつながるでしょう。ちなみに、より英語を強化したいという親のなかには、親子留学を選ぶ人もいるほどです。

>>子どもの英語力の習得度で選ばれた!
【子ども英会話スクールランキング】

>>実際に通わせたママが選んだ!
顧客満足度の高い【子ども英会話スクールベスト10】

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。