【子ども英会話】児童向け「英語検定」って何がある? 海外で役立つテストも紹介

児童向け「英語検定」って何がある? [拡大する]

児童向け「英語検定」って何がある?

 小学校で英語教育が始まることを受け、小さいうちから英語検定を試す家庭が増えている。とはいえ、子どもが受けられる英語検定に「どんなものがあるのか」わからない人も多いはず。そこで今回は、国際派におすすめの児童向け英語検定を紹介したい。

■ケンブリッジ大学や国連の「児童向け英検」も!

【児童英検】

 まず、国内で知られているのは、「英検」の日本英語検定協会が実施している「児童英検」。テストはすべてリスニングでとなる。ペーパー版のほかにオンライン版もあり、家庭や教室など、パソコンおよびインターネット環境(推奨環境)があればどこでも受験することが可能。

【ケンブリッジ国際児童英検】(YLE : Cambridge Young Learners English)

 世界150ヶ国で受験されている国際基準の英語検定。ケンブリッジ英検が児童を対象に、1993年から導入した国際レベルの英語検定が「ヤングラーナーズ(略称:YLE)」テストだ。

 Starters(初級)、Movers(中級)、Flyers(上級)の3つのレベルに分かれており、英国ケンブリッジ大学英語検定機構により公式認定された試験官が評価を行う。

 テストの内容は、リスニングリーディング(読解)、ライティング、スピーキングの4技能。結果は合否ではなく、ケンブリッジ大学の紋章が記載された認定証が授与される。パート毎に1〜5段階にケンブリッジ大学の盾の紋章の数が記され、認定証で達成度を確認することができる。

【国連英検ジュニアテスト】

 ジュニアテストでは、基本リスニング力を測定する。6つのコース(E、D、C、B、Pre・A、A)で合格レベルを1級〜3級の3段階に分けて評価するので、実力にあわせてステップアップしていくことができる。

 D・Eコースのみ自宅受験が可能(※原則として、学校・教室・塾・スクール等団体での試験実施を基本。近くに受験可能な施設等が無い方が対象)。保護者を試験監督官として、自宅で試験を実施できるのもポイント。小さな子どもも安心して受験できる。

 また、ジュニアテストと「国連英検」はレベルが連動しているのも特徴。合格級により、文部科学省から高校卒業程度の英語認定や外務省から海外派遣試験(アソシエート・エキスパート他)の英語力認定が受けられる。

>>実際に通わせた「母親」が選んだ
【子ども英会話スクール】

>>「講師の質」で比較する
【子ども英会話スクール】ベスト10

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。