【2018年】おすすめの高校受験 集団塾 東海ランキング・比較

適切な人数・クラス 満足度ランキング

1位

eisu

71.16

生徒のケアが充実しており、難問高を目標としているため教師のレベルが高い。駅前のため利便性が非常によい。学期毎に面談を行い、進路相談が出来るため、保護者側は安心感がある。(40代/男性)

2位

佐鳴予備校

68.95

受験生なので、非常に気持ちが不安定になりがちだが、これまでたくさんのノウハウが蓄積されているようで、受験テクニックだけでなく、気持ちの面でよいサポートをしてもらっているよう。(40代/男性)

3位

野田塾

68.53

多くの高校の受験の合否分布の冊子をもらい、自分がどの位の位置にいるのか分かりやすく、有り難かった。推薦受験対策もしてくれて、助かりました。(40代/女性)

4位

秀英予備校

66.88

当然ですが、学校とは違った形、つまりどうやって点数や内申点を稼ぐかなど、学校教師がダイレクトに教えにくいところなどの指導をしてもらえるところ。(40代/男性)

オリコン顧客満足度調査では、実際にサービスを利用した1,606人にアンケート調査を実施。
満足度に関する回答を基に、調査企業21社を対象にした「高校受験 集団塾 東海」ランキングを発表しています。

総合満足度だけでなく、様々な切り口から「高校受験 集団塾 東海」を評価。さらに回答者の口コミや評判といった、実際のユーザーの声も掲載しています。

サービス検討の際、“ユーザー満足度”からも比較することで「高校受験 集団塾 東海」選びにお役立てください。

高校受験 集団塾 東海の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP総合ランキング
評価項目別
ランキング
成績向上・結果適切な受講料適切な人数・クラス講師カリキュラムの充実度自習室の使いやすさ教室の設備・雰囲気通いやすさ・治安スタッフ入試情報
都道府県別
ランキング
静岡県愛知県

地域別 満足度の高い高校受験 集団塾 東海

法人のお客様へ 調査データのご提供|オリコン顧客満足度

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

オリコン顧客満足度ロゴ
モニター会員登録の案内|オリコン顧客満足度
オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
1,606

この高校受験 集団塾 東海ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

調査概要

事前調査
2018/03/26〜2018/07/17
更新日
2018/11/01
サンプル数
1,606人(北海道/首都圏/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州を含む全国調査における総サンプル数13,889人)
規定人数
100人以上
調査企業数
21社
定義
中学生を対象に高校受験を目的とした集団授業を行っている塾。
以下は対象外とする。
・高校受験向けではない塾
・中高一貫校生専門の塾
・一部の教科のみを扱っている塾
・映像授業が主体の塾
調査期間
2018/07/18〜2018/07/30
2017/07/20〜2017/08/07
2016/08/15〜2016/08/22
調査対象者
性別:指定なし 年齢:現役中学生を持つ保護者:男性32歳以上、女性30歳以上/現役高校生を持つ保護者:男性35歳以上、女性33歳以上 地域:東海(愛知県、三重県、岐阜県、静岡県) 条件:高校受験を対象とする集団塾に通年通学している(したことのある)現役中学生/高校生の保護者

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「総合ランキング」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
※総合得点が60.00点以上で、他人に薦めたくないと回答した人の割合が基準値以下の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング

推奨意向

ランキング監修

ランキング監修 慶應義塾大学理工学部教授 鈴木秀男|オリコン顧客満足度

慶應義塾大学理工学部教授/内閣府 上席科学技術政策フェロー(非常勤)鈴木秀男

【経歴】
1989年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。
1992年ロチェスター大学経営大学院修士課程修了。
1996年東京工業大学大学院理工学研究科博士課程経営工学専攻修了。博士(工学)取得。
1996年筑波大学社会工学系・講師。2002年6月同助教授。
2008年4月慶應義塾大学理工学部管理工学科・准教授。2011年4月同教授、現在に至る。
2023年4月内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局参事官(インフラ・防災担当)付上席科学技術政策フェロー(非常勤)
研究分野は応用統計解析、品質管理、マーケティング。
≫ 鈴木研究室についての詳細はこちら