0歳・乳児からの英会話・英語教育

  • 0歳・乳児からの英会話・英語教育

 0歳児のように、日本語すらままならない段階で英語教育を行ってしまうと頭がごっちゃになって発育に悪い影響を与えてしまうのではないかと考えている方は少なくないようです。しかし、生後間もない乳児の吸収力を侮ってはいけません。まだほとんどのことを身につけていない乳児だからこそ、短期間で英語を身に付ける可能性を秘めているのです。ぜひ、0歳の段階から英会話の練習を始めてみてはいかがでしょうか。

教室で学ぶ

 最近では、ほとんどのキッズ英会話教室で0〜2歳を対象としたクラスが設けられています。お父さんやお母さんと一緒に授業を受けながら、ゲームや歌、リトミックなどのプログラムで英語を身につけていきます。
 自宅でお子様のご指導を行いたい場合は、専門機関の通信教材や市販の教材が便利です。通信販売などで購入できる英会話教材一式は、カラフルなパッケージや印象的なキャラクターの起用など、長きにわたって英語教材を作り続けてきた専門業者ならではの細かい配慮が行き届いています。市販の乳児向け英語絵本や聞き流しCDといった教材を利用する場合は、お子様の気を引く工夫をしたり、より合理的につく段取りを考えたりと、少し苦労をするかもしれません。これらを使って的確に指導するにはある程度勉強する必要があります。

保育園で学ぶ

 英会話教室のほかにも英語コースのある保育園やサービスとして英語教育を取り入れている託児所などで受けることができます。同年代のお友達と一緒に受ければ、より楽しく語学の習得に取り組めるかもしれません。各教育機関、代表者のプランによって具体的なカリキュラムの方針や内容は若干異なります。受講を考えている場合は複数の教室から資料請求をして、検討してみましょう。
 乳児にとっては目に映る全てのものが興味の対象ですが、そこに「楽しい」「嬉しい」の感覚が加わると、より脳にインプットされやすくなります。教室選びに迷った際は、体験入学をしてみてよりお子様が楽しそうに過ごしていた方を選択しましょう。

乳児から英語を始めた方がよい理由

 英会話は大人になればなるほど習得が難しくなるといわれています。これまで数十年間に渡って日本語を酷使してきたのですから無理もありません。長い年月をかけて私たちは、自分たちの耳を「日本語を聞き取るための耳」に育てあげてきたのです。その点、乳児は先入観も固定観念もない、全てゼロの状態です。目にしたもの、耳で聞いたものが純度の高い状態でインプットされます。これによって日本語と英語のちょっとしたイントネーションや発音、言葉の運びを感覚的に区別することができるのです。より「英語」の方を強化したい場合は、親子留学という手段も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

お友達と一緒に

 より効率的にお子様を指導するには、教室の先生やママ友などのお話を聞くのがよいでしょう。経験者談を参考にすることで、より具体的に教育プランを練ることができます。早い段階でお子様にさまざまな経験を積ませてあげて、さまざまな可能性を見出してあげましょう。