子どもにおすすめの英語の歌

  • 子どもにおすすめの英語の歌

 歌は絵本と同様に子育てにとって重要なものと言われています。言葉の意味が分からなくてもリズムに乗って口ずさむことで自然と単語を覚えられ、同時に音楽的センスや感性を育てるのにも役立ちます。英語の歌を毎日聞かせてあげれば英語教育の導入にも繋がります。

子どもに歌を聞かせるメリット

 子どもに習わせたいおけいこランキングでは毎年上位に入る「英会話」と「音楽」。この需要を両方満たせるのが英語の歌です。歌は教育にとって非常に重要な要素で、音楽的才能を磨くだけではなく、耳の神経回路を通して五感や芸術的センスを司る右脳を発達させ、また音楽に乗って身体を動かすことで身体能力やリズム感の向上にも役立つと言われています。まだ言葉がわ分からない0才児でも音楽に乗って身体を動かすことはできます。洋楽を聞かせるのは、早期の英語教育および情操教育として最適と言えるでしょう。

英語の歌を聞かせるときのポイント

 幼児期に行う英語・音楽教育において重要なのは、英単語を覚えさせることでも歌や演奏を上手にさせることでもなく、英語や音楽に親しむことにあります。教育としてこれを行い、叱ったりしてしまうと逆に英語が嫌いになってしまう可能性があるので注意しましょう。まずは文字通り「音を楽しませて」あげてください。1才や2才になれば自然に英単語を覚えるようになり、色々な歌を歌えるようになるものですから、急ぐ必要はありません。
 また、英会話では発音が重要なため、綺麗な英語を聞かせてあげようとCD音源にこだわる方も多いようです。確かにネイティブの発音は英語耳を育てる際に役立ちますが、「子どもと一緒に楽しむ」ことから気軽に始めましょう。

おすすめの英語の歌

 子どもに聞かせるのは「英語の曲ならば何でもいい」というわけではありません。保育園や幼稚園で童謡を習うように、外国にも数々のキッズソングがあります。単語の意味も簡単で、またリズムもシンプルかつキャッチーなものが多く、英語に親しむという意味ではぴったりです。実際にどのような歌がよく歌われているのか、具体的な曲名をご紹介します。
■ Alphabet song
アルファベットを効率的に学ぶための曲で、日本でも『ABCの歌』として親しまれています。定番中の定番ですが、英語教育の際には避けては通れない歌と言えるでしょう。『きらきら星』のメロディにあわせて歌うのが一般的ですが、実は様々な歌歌詞のバリエーションがあります。
絵本や動画などを用いればアルファベットの字形も同時に覚えられるでしょう。
■ Head, Shoulders, Knees and Toes
直訳すると「あたま」「肩」「膝」「つま先」。子供向けの英会話教室でよく歌われている曲であり、日本では『からだあそびの歌』と言われています。頭や肩など身体の部位に触れながら英語が学べます。歌詞を自由に変えたり、テンポを上げたりしてゲームのようにして歌えるため、楽しみながら英語が学べます。
■ The Muffin Man
『The Muffin Man』は英米を中心に親しまれているマザー・グースの曲。「マフィン売りを知ってるかい?(Do you know the Muffin Man)」「マフィン売りなら知ってるよ(Yes, I know the Muffin Man)」という簡単なフレーズの繰り返しのため、小さな子どもでも覚えやすく、気軽に歌えます。基本的な文法も学べるのもポイントです。