『子ども英会話ランキング』総合1位は【Benesseこども英語教室】 母は「サービス」・父は「結果」重視

2014年度 オリコン顧客満足度ランキング『子ども英会話』総合 [拡大する]

2014年度 オリコン顧客満足度ランキング『子ども英会話』総合

 目に見えないサービスを可視化することをコンセプトに据えた『オリコン顧客満足度ランキング』の『子ども英会話』ベスト10が先ごろ発表され、総合1位に満足度78.34点の【Benesseこども英語教室】が選ばれた。

 同英語教室は、オールイングリッシュのレッスンで英語力を楽しみながら学べるのが特長で、『項目別ランキング』では、「教室への通いやすさ」、「レッスン料(価格)」、「教室の信頼性」の3項目で1位、5項目で2位となるなど、全11項目中9項目で3位以内にランクイン。トータル的な満足を得て、総合1位となった。

 総合2位は【ECCキッズイングリッシュワールド】で、満足度76.74点。教育者としての資質を備えた外国人講師が担当しているというだけあり、「英語の習得度」、「先生の質」、「レッスン中の雰囲気」などの5項目で1位を獲得。全11項目中9項目でベスト5入りするなど、こちらもトータル的に高い満足を獲得している。総合3位は【セイハ英語学院】で、満足度76.27点。「レッスンの受けやすさ」で1位、「教室の通いやすさ」で2位となるなど、全国のほとんどの教室が大手ショッピングセンター内にあるスクール環境も、総合3位という高評価につながっている。

■母親は「サービス重視」、父親は「結果重視」の傾向

 『保護者別ランキング』の『母親』のランキングを見てみると、1位【シェーン英会話】と3位【セイハ英語学院】の2教室は、『項目別ランキング』の「教室への通いやすさ」、「レッスンの受けやすさ」、「スタッフの対応の良さ」などで上位にランクイン。子どもに授業を受けさせる上で大事な“サービス面”の満足度が高い教室が、母親から高評価を受けている。これは、母親が子どもを教室へ送り迎えをすることが父親より多いと考えられ、教室への通いやすさはもちろんのこと、実際にレッスン風景を見たり、スタッフと会話をするなかで、これらの項目の重要度が高くなっているのかもしれない。

 一方、『父親』での1位、2位は、【ECCキッズイングリッシュワールド】と【Benesseこども英語教室】。この2教室は、『項目別ランキング』では「カリキュラムの充実度」、「教材・テキストの質」、「英語の習得度」、「先生の質」など、英語を身に付け、実際に活用するのに重要な項目の満足度が高く、この4項目はすべて【ECCキッズイングリッシュワールド】と【Benesseこども英語教室】で1位、2位を独占。父親は仕事等で実際に子どもを送り迎えする機会も限られると考えられることから、母親が重視するサービス面よりも、父親は、“英会話が身につくかどうか”という“結果に直結する項目が気になるのではないだろうか。

【調査概要】
◆調査期間:2014/05/30〜2014/06/03
◆回答者数:2516サンプル
◆調査対象者
性別:男女
年齢:女性:27歳以上、男性:29歳以上
地域:全国、条件:英語教室に半年以上通わせている未就学児(3歳以上)から小学生までの子どもを持つ保護者

>>子どもを通わせた保護者が選んだ!!
2014年度版『顧客満足度の高い子ども英会話ベスト10』

>>いまからでも遅くない! 実際に通った生徒が選ぶ
授業の受けやすさでみる『英会話スクール 顧客満足度 ベスト17』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。