利用者が語る「オンライン英会話」のメリット

  • 画像/会話

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が近づき、さらには日本流の“お・も・て・な・し”も話題になっているせいか、外国人観光客が激増している。そんな今の風潮、「ちょっとした英会話くらい身に付けたい」と思っている日本人が多いそうだ。

 そういう人たちにとって、オンライン英会話は、時間と場所が自由に選べて、比較的リーズナブルな値段でネイティブの英語を学べるという点が魅力となっている。その一方で、先生との相性や、継続することの難しさなどの悩みもあるそうだ。そこで、実際にオンライン英会話を受講したことのある30代・40代・50代の利用者の体験談を聞いてみた。
<参加者>

A美さん(30代・女性)
アメリカに留学していた経験有り。その頃に、少しでもスピーキング能力を上げたいと思い、オンライン英会話を利用した。同じ先生とずっと一緒に会話のレッスンを続けていたため、友達感覚で英会話を練習することができたとか。

Mさん(40代・女性)
オンライン英会話でのフリートークがなかなか続かず、そのことがかえって苦痛になった苦い経験有り。テキストベースのプランも選んでみたが、結局、自分のレベルが明確に分からずじまい。オンライン英会話のメリットに少々疑問を感じてしまう。

N恵さん(50代・女性)
英会話を上達させたいと思い、オンライン英会話を利用し始める。お気に入りの先生に手取り足取り教えてもらうことができるので、満足度は高し。ただ、受講をする前にメイクをするべきかどうか迷う。

Sさん(40代・男性)
もともと英会話に興味は有ったが、スピーキング能力に不安も。今後、オリンピックでボランティアをすることも視野に入れて英語を話せるようになりたいと思い、オンライン英会話を利用している。+αで、英単語アプリなども活用するなど、積極的な性格。

オンライン英会話を始めたきっかけは?

 「もともと英会話に興味が有ったので、オリンピックが近づいているのを機に、スピーキング能力を高めたいと思いました」という40代男性のSさん。「よく飲みに行くお店に外国人のお客さんが多く、親しくなることがあるんです。そんな時に、ちょっと英語ができたら楽しいし、カッコいいじゃないですか」。

 40代女性のMさんは、勤務先の会社が授業料の一部を負担するというサービスが実施されているので、そのチャンスを生かしてみようと思ったそうだ。「英語で道を聞かれたら教えてあげたり、外国の人たちとコミュニケーションが取れたりできるようになりたいと思って始めました。ただ、会社のサービスは3ヶ月間がワンクールで、決まった回数以上のレッスンを受講しないと、料金が自己負担になってしまうシステム。最初のうちは継続的に受講できていたのですが、仕事が忙しくなることもあって、後半になるにつれてレッスン回数をこなすのに必死でした」。

 留学中にオンライン英会話を受講していた、30代女性のAさん。「数年前、アメリカに留学していた時に、英語を話す機会をもっと増やしてスピーキング能力を高めたいと思い、受講しました。利用したオンライン英会話の会社は“ぐんぐん英会話”という日本企業が運営しているもので、先生はフィリピンの方が多かったです。月額6000円程度で、レッスンの受講回数は無制限だったので、2日に1度のペースで受講しました。日本文化に興味の有る先生にずっと教えていただいていたこともあり、以前よりかなりスピーキング能力が上がった実感もありました」。そう、長く続けるには、講師選びもポイントなのだ。

“講師選び”は重要なポイント

 A美さんは、次のように話す。「先生ご自身が日本文化に興味が有るから、わたしにもいろいろな質問をしてくれます。そうすると、会話が弾み、コミュニケーションも長続きしました。1枠30分では物足りないほどで、友達感覚で会話を楽しめましたね」。

 こんなふうにレッスンを楽しむためには、どういった基準で講師を選べばいいのだろうか。

 「オンライン英会話が運営しているウェブサイトには、たくさんの先生の顔写真と、職業や趣味が書かれたプロフィールが掲載されていて、自己紹介の音声メッセージも聞ける。だから、英語を聞き取りやすい声の人を選べます。僕は、同世代の男性で、趣味も同じ人なら会話を続けられると思って選びました」(40代・男性)。

 50代女性のN恵さんも「若い人より、ちょっと年配の人の方がいいですね。プライベートや趣味の話など、いろいろな話題の引き出しを豊富に持っている講師なら会話も途切れない。それに、先生が住んでいた国の文化も教えてもらえるし」と、講選びのコツを語る。

 「同世代の女性だと話しやすい」と言うMさんは、フリートークの難しさを実感したという。「話題が豊富な先生を選ぶのは、案外難しいんです。いざ話し始めても、『昨日は何をした?』みたいな単純な質問が多いと、会話が弾みません。結局、『今日は何を話そうか』と、話題探しに四苦八苦してしまうようになりました。途中からフリートークではなく、テキストベースのプランに変更してしまったのですが、そうなるとスピーキング能力が付いているのかどうか、実感がつかめませんし……」。

 こういった悩みや疑問を抱える人も多いようだ。Sさんは「会話がどうしても弾まないときもありました。そういう場合には、テキストベースで一通り学んだ後、残り時間をフリートークにするように工夫していました」と言う。

 時間と場所を自由に選べる上に、比較的リーズナブルな価格帯で受けられるオンライン英会話。利便性が高い一方で、講師の選択が重要なポイントということが分かった。利用する際には、年齢や話題の幅広さなどを考慮しながら、どのような講師がいるのかを事前に調べてみるといいかもしれない。
【文/金子裕子 校閲/田仲典子(株式会社ぷれす)】
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について