「個別塾」VS「集団塾」それとも予備校?大学受験対策の勉強方法の選び方

 高校受験のときよりも勉強範囲や進学先の幅が広がる分、大学受験のほうが対策は増えてきます。代表的な勉強スタイルとしては、「個別指導塾」「集団塾」「予備校」が挙げられます。それぞれの授業形式に特徴があり、人により向いているタイプも異なりますから、自分に最適な受験対策の勉強スタイルを見つけておきたいものです。ここでは、それぞれの授業形式の違いや向いているタイプなどをご紹介します。

個別指導塾の大学受験対策

 講師と生徒のマンツーマン、もしくは生徒2、3人の少人数で授業が行われる個別指導塾は、高校受験で通ったことがある学生も多いかもしれません。ここでは、個別指導塾での大学受験対策についてご紹介します。

・個別指導塾の特徴
 生徒一人ひとりの学習進度や志望先に合わせて、カリキュラムや対策内容を作ってもらえる個別指導塾は、きめ細かな指導と対策が期待できます。生徒数の多い集団塾や予備校よりも、講師に質問や相談しやすい環境で、学習についての悩みも解決しやすいというメリットがあります。また、集団塾と共通していえることですが、補習が充実しているのも塾ならではの特徴です。

向いている学生のタイプ
 個別指導塾は、自分一人だけでの勉強スタイルに不安を感じている学生や、「集団や予備校の授業では遅れるかもしれない」という不安を持った学生におすすめです。また、「集団塾では周りに気を取られて集中できないかも」という心配がある人も、個別指導塾ならマンツーマンで落ち着いて指導を受けられます。

集団塾の大学受験対策

 集団塾の特徴と向いている学生について見ていきましょう。講師1人に対して生徒10人以上のクラスで行われる勉強スタイルになります。

・集団塾の特徴
 集団塾は個別指導塾と比べて生徒数も多く、ハイペースな授業が行われます。難関校のクラスになると、自分である程度予習・復習をして、周りの学習ペースに遅れをとらないようにする必要が出てきます。その分、受験対策も個別指導塾よりもハイレベルな内容で充実したものとなり、周囲の学生と競い合いながら勉強していくことができるでしょう。

・向いている学生のタイプ
 集団塾は、高校の授業も問題なく理解できていて、ある程度自分で予習・復習をしっかり行える学生が向いているといえます。一人で黙々と勉強するよりも、他の生徒と一緒に競い合って受験対策をしたいという学生にもおすすめです。

予備校の大学受験対策

 塾とは異なり、予備校では大学受験に特化した指導方法が確立されています。

・予備校の特徴
 予備校には、1クラスあたり20〜100人の学生が授業を受ける大手・中堅予備校があります。予備校では、高校の授業に問題なくついていける学生たちが、大学受験対策の授業をプロの講師陣から受けます。大手の予備校には勉強がはかどるような話術や授業形式で学生からの人気も高いベテランの講師が多くいます。

 塾とは異なり、講師が個別の相談を受けたり進路指導をしたりすることはめったになく、常駐するスタッフが勉強や進路の相談にのるというスタイルになります。

 なお、大手予備校の中には生の授業を廃止し、映像での授業を受けさせるタイプの予備校もあります。

・向いている学生のタイプ
 予備校は、自分で学習を進められる習慣がついており、目標とする大学合格を目指す学生に向いています。勉強の疑問点や進路についてじっくりと相談したい学生というよりは、とにかく受験対策の勉強や合格のためのテクニックを学びたい学生に向いているでしょう。

 前述した映像タイプの予備校は、部活と受験勉強を両立したい人や、気になる授業をもう一度受けたいという人に最適でしょう。

過去の生徒の意見や実績もチェックしてみましょう

 塾や予備校選びの際は、実際にそこの授業を受けた卒業生の進学先や感想などをしっかり調べてみるのも参考になります。塾や予備校によっては、特定の大学の受験対策カリキュラムや講師が充実しているということもあります。志望する大学に特化した授業が受けられる所を探してみるのも、ひとつの選択肢かもしれません。時間に余裕があれば体験授業などにも参加できる所もありますから、早めの受験準備が大切です。

塾や予備校に通わないという選択肢も

 「大学受験のためには絶対に塾や予備校に通わなければ合格は難しい」というわけではありません。焦って自分に合わない環境の塾・予備校に入ってしまうのは、時間も費用も無駄になってしまいます。塾や予備校に通わなくても、自宅でマンツーマンの勉強ができる家庭教師という選択肢もありますし、スケジュールや住んでいる地域によっては通信教育も役立ちます。受験対策には、さまざまな勉強スタイルがあることを忘れないようにしましょう。

自分に最適な勉強スタイルを

 大学受験向けの個別指導塾・集団塾・予備校、そして他の受験対策方法について、それぞれご紹介してきました。CMや雑誌などの広告ですぐに決めてしまわず、自分に最適な受験対策ができる所をじっくりと探していくことをおすすめします。第一志望の学校に合格できるよう、納得のいく勉強スタイルを見つけることが大切です。
タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。