【子ども英会話】乳幼児に英単語を覚させる方法 

乳幼児に英単語を覚させる方法 [拡大する]

乳幼児に英単語を覚させる方法

 ビジネスや受験などで英語の必要性が増している昨今、親が乳幼児から英語や英単語を覚えさせたいと思うのは必然ともいえる。ただ、どう教えるべきか悩んでいる人も多いはず。そこで今回は、乳幼児から英単語を教える方法を紹介します。

■「カードリーダー」で英語に興味を持たせる

 カードリーダーとは、カードを機械に差し込むことで、カードが動いたり、英語の音声が流れたりする小型電子機器のこと。

 幼い子どもは、動くものや歌、音が大好き。動くカードから歌や音が流れてくると、子どもはじっと見て反応するようになり、カードと一緒に、言葉に出して英単語やセンテンスを言うようになって行きます。つまり、カードリーダーを使うことで、乳幼児でも楽しく自然に英語に触れる環境が作りやすい。

 下記にいくつか種類があるので紹介していこう。

▼ディズニー・ワールドファミリー『トークアロングカード』
※単体での購入は不可

 ディズニーの英語システムでお馴染みのプログラム。子どもたちが大好きなディズニーのキャラクターと一緒に英語を学べる。このカードリーダーの素晴らしいところは、絵本(テキスト)とDVD、CDと連動しているところ。絵本やDVDなどで登場する英単語やセンテンスをカードリーダーで学ぶことができる。

▼ソフィア教育研究所 デジタルカードリーダー『ポップアップイングリッシュ』

かわいいイラストが書かれたカードをカードリーダーに差し込むと、英単語やフォニックス、日常会話、歌など英語ネイティブの音声が流れる。光センサーや120秒のシャドーイング機能など新機能も搭載されている。
・「スタンダードセット」ポップアップイングリッシュ基本のセット
・「児童英検ブロンズセット」児童英検ブロンズ級受験カードの単品セット
・「コンプリートセット」幼児英語のスタートから児童英検ブロンズ受験までフルカバー

▼いずみ書房『トーキングリピーターDX』シリーズ

目的にあわせてカードを選ぶことが可能。
・「英語入門 リピートカードDX」ABC・色・数・形から、基本的な単語、反対ことば、日常英会話まで、英語の基礎を学習できる。
・「オズモのリピートカード」幼児向けの英語教材として世界的に大ヒットした英国BBC制作の「オズモ」。ケンブリッジ英検の入門編に準拠した、国際基準の本格教材。
・「Fun English ステップアップカード」ある一家の一日の生活を通して、ストーリー形式で紹介しながら、自然な日常英会話を楽しく学びます。フォニックスカードも充実。

 カードリーダーは0歳から使用できると書かれているものもあるが、あまりにも幼い頃に始めると、カードを自分でうまく通せず泣いてしまったり、カードを折り曲げたり、ガジガジかじってしまったりと肝心の英語学習ができないこともあるので、タイミングをみて試してみましょう。

>>実際に通わせた「母親」が選んだ
【子ども英会話スクール】

>>「講師の質」で比較する
【子ども英会話スクール】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。