横書きで読む名作文学シリーズ表紙に溝端淳平

『走れメロス』の表紙を務める溝端淳平  [拡大する]

『走れメロス』の表紙を務める溝端淳平 

■その他の写真ニュースはこちら

 パブリックドメイン化、いわゆる著作権が切れた国内の名作文学を横書きにして刊行中の『ケータイ名作文学シリーズ』(ゴマブックス)の第3弾が9月30日に発売された。今回は表紙に若手イケメン俳優・溝端淳平を起用し、巻頭グラビアも展開して若年層を取り込む狙いだ。

 活字離れと言われながらもケータイ小説の需要があるなかで、横書きにすることで従来の文学作品も手にとってもらえるのでは? という“逆転の発想”でシリーズを展開。表紙や特集ページに人気漫画家のイラストやタレントを起用する手法が奏功し、各社が趣向を凝らす。

 今回の『ケータイ名作文学シリーズ』では、ケータイ小説発のドラマ・映画『赤い糸』に出演する溝端が作品の内容に沿ったイメージカットとして掲載。いずれも宮沢賢治『銀河鉄道の夜』、太宰治『走れメロス』、夏目漱石『三四郎 上・下』というメジャー作品ばかりで、これまで名作に触れてこなかった若者からも反響を呼びそうだ。

 なお、これまでに第1弾に夏目漱石『こころ』、太宰治『人間失格』、第2弾として夏目漱石『坊っちゃん』、太宰治『斜陽』、芥川龍之介『蜘蛛の糸・他8編』が発売されている。

■『赤い糸』オフィシャルサイト
http://www.akai-ito.jp/
■「ケータイ小説家デビューしようよ おりおん★」
http://de-view.net/(PC・携帯共通)
※おりおんでは『赤い糸』シリーズを掲載中

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について