『太陽と海の教室』視聴率20.5%、織田の月9ドラマ3連続で20%越えスタート

 織田裕二主演の連続ドラマ『太陽と海の教室』が21日(月)に放送され、ビデオリサーチの調べで20.5%(関東地区・世帯平均)を記録した。織田裕二が月9に登場するのは約3年ぶりで、『東京ラブストーリー』、『ラストクリスマス』に続いて3度目。今回を含めて織田の月9主演ドラマは、すべて初回20%以上の好スタートを切った形となる。

 同ドラマは、織田が扮する湘南の有名進学私立高校に赴任してきた教師・桜井朔太郎と、大学受験を控える3年生の生徒たちが繰り広げる青春ドラマ。撮影で日焼けした織田の姿はすでにドラマ宣伝番組などで知られている通り。湘南を舞台にした生徒と先生のアツイストーリーが注目される。

 織田がこれまでに出演した月9ドラマは、91年4月期の『東京ラブストーリー』、04年10月期の『ラストクリスマス』に続いて3度目。『東京ラブストーリー』は初回で20.7%、『ラストクリスマス』初回は22.3%を記録しており、今回の20.5%で織田の月9ドラマは3連続で20%越えでスタートしていることになる。



■ヒット曲満載&好評配信中!!
織田裕二の着信メロディはこちら

今月の写真ニュース一覧をみる

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について