ZARD「負けないで」、受験応援ソングで1位!

■ランキング表はこちら

 受験シーズンもいよいよ佳境。もうひとがんばりするためにも、ここは“応援ソング”で心を奮い立たせたいものだ。
 そこでORICON STYLEでは「受験応援ソングの定番ランキング」をリサーチ。これから受験を向かえる中高校生だけではなく、過去に受験を経験した大人たちへも幅広く調査をしてみた。

 その結果、なんと驚くべきことにZARDの「負けないで」中高校生から20代、30代、40代とすべての世代で1位を獲得! この世代を超えた圧倒的支持の理由は何なのか? 
 ちなみにこの曲が発売されたのは1993年。年齢的なことを考えると、中高校生はリアルタイムでのヒットはほとんど知らないはずである。それにもかかわらず「ぱっと思いついたのがこの曲だったから」「一時期クラスで流行ってました」(いずれも中高校生/女性)といった意見が多数。いかにこの曲が“一人歩き”しているかがよくわかる。
 この“一人歩き”に大きく作用したと思われるのが、日本テレビ系「24時間テレビ」の恒例企画「24時間マラソン」。ラストスパートの時に会場にいる人全員が合唱してランナーを励ますのが恒例となっており、これが国民の脳裏に“応援歌”として強烈なインパクトを残している側面もあるようだ。実際今回も「24時間テレビで流れるから」(専門・大学生/女性)「24時間TVの応援ソング」(20代社会人/男性)という意見が寄せられている。何はともあれ、ここまで応援ソングとして確たる地位を築いているのは本当にスゴイ。

 総合ランキング2位は、ウルフルズ「ガッツだぜ」。この曲がヒットしたのは1996年と一昔前だが、こちらもすべての年代で上位にランクインしている。理由としては「その名の通りな感じ。気合が入る感じがする」(30代女性)「気合注入!」(中高生/女性)と、なんだか全体的にコメントのテンションも高いのが特徴? 10年たっても維持できるこのパワーは、楽曲の持つ力だろう。

 3位は嵐の「サクラ咲け」。こちらは2005年3月に発売されており、ようやくここで“現在”のヒットソングが登場! 当時は予備校のCMソングにも使用されており、歌詞もダイレクトに受験を意識したものになっているというある意味“正統派受験応援ソング”といえるだろう。コメントにも「タイトルのとおり合格して桜を咲かすぞって気持ちになれるし、歌詞も応援歌的だから」(中高校生・女性)「予備校か塾のテーマソングでもあったし歌詞も受験頑張れ的な歌だったから」(中高校生・女性)といったものが多かった。
 ちなみにこちら、性別ランキングでは女性部門2位、年代別ランキングでも中高校生で2位と、若い女性に圧倒的支持をうけているのも特徴だ。

 一方、若い世代には見向きもされていないが、40代のみに2位の支持をうけているのが高石友也の「受験生ブルース」。それもそのはず、発売されたのは1968年のこと。しかしこの曲、コメントからも「暗記が苦手な私を励ましてくれた」「これでルートを覚えた」「1.41421356をこの曲で覚えた」(いずれも40代/男性)とあるように“歌詞”が√の語呂合わせになっているのである。つまり受験応援だけでなく、役にも立つという素晴らしさ。若い世代もぜひ一度聞いてみてはどうだろうか?

 全体的なランキングをあらためてみてみると、応援ソングの名曲は何年経っても色あせないということを再確認! こういったテーマの作品は一度ヒットすれば、かなり息の長いスタンダード作品になる可能性を秘めている。




※曲名やアーティスト名をクリックすると詳細ページへ

※曲名やアーティスト名をクリックすると詳細ページへ

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について