日本と全然ちがう?英語の顔文字・略語

  • 日本と全然ちがう?英語の顔文字・略語

 文章だけのメールはちょっと寂しいですが、そこに顔文字がひとつあるだけでも随分と印象が変わってきます。「ありがとう」の一言でも、後ろに(*ゝω・)ノ と付いていると感情がこもっているように伝わりますし、何だか可愛い感じがします。
 文章を彩ってくれる顔文字ですが、海外と日本ではデザインがまったく違うということをご存知でしょうか。今回は英語圏で使用されている顔文字や略語についてご紹介したいと思います。海外の方とメッセージをやりとりする時などに使うと、よりネイティブっぽい雰囲気になるでしょう。めざせ、顔文字・略語マスター!

英語圏の顔文字

 日本の顔文字と、英語圏の顔文字の違いは「向き」にあります。
 (´・ω・`)や(*´艸`*)など、日本の顔文字は縦向きですが、英語圏では:-)や*<|:-)のように横向きになります。実際にどんな顔文字が使われているのかご紹介しましょう。日本の顔文字とはまた違った魅力があるので、普段使いしてもいいかもしれませんね。

■たのしい
:-) ハッピー
:-)) 超ハッピー
:-D ハッハッハ
:-] ニヤリ
;-) ウインク
:,-) 泣き笑い

■怒り
(:-< 怒ってます
>:-< すごく怒ってます
~ :-( 頭から湯気が出るほど怒ってます

■かなしい
:-< 悲しい
:’( 涙がでちゃった
:-( ムスッ…
:-/ 不満です
:-C がっかり

■状態
8-) メガネ
B:-) 頭にメガネ
:-)8--  タキシード
:-Q タバコを吸う
:-P 舌を出す
:-@ 叫び
:* ) 酔ってます

■その他
<3 ハート
@>--->--- バラ

略語を使ってみよう

 英語圏の方とメールやチャットをしたことがある方は、最初に戸惑ったのではないでしょうか。ビジネス時は別ですが、海外の若い世代は略語を使用するのが一般的。たとえば「you」を「u」、「too」を「2」など、文字数を極力少なくするのです。「u2」と書いてあった場合は「you too」つまり「あなたも」という意味になります。
 例に出したのは基礎的なものであり、他にも様々な略語が存在します。見ただけでは意味が分からないようなものもあり、事前にある程度は勉強しておく必要があるでしょう。すべてを覚えようとすればきりがないので、今回はSNSなどで使用されているメジャーな略語をご紹介したいと思います。

■lol
一見顔文字のようにも見えますが略語です。Laughing Out Loudの頭文字であり、日本の「(笑)」や「www」と同じような感覚で利用されます。爆笑を表すときはlololololと連続させるのが一般的。これは日本のwと同じですね。

■BTW
By The Wayの頭文字で、「ところで」という意味。話題を変えるときに使用します。かなり砕けた表現でありSNSやチャットではよく見かけますが、公的な場面ではほとんど利用されません。ビジネスで使うのは避けましょう。

■B4
Beforeの略。4はforの代わりに使われることがあります。4uと書かれていた場合はfor youという意味になります。使用頻度が多いので覚えておきましょう。

■F2F
Face To Faceの略です。つまり「直接会って」「面と向かって」という意味。メールなどでよく見かける表現です。煽り文句として使われることも。

■AFK
Away From Keyboardの頭文字を取ったものです。「キーボードの前にいません」という意味で、離席していることを表したり、急用で一時的に返信ができなくなる時などに使用します。



 このように略語はたくさんあります。メールやチャットなどでさり気なく使うとネイティブっぽくてかっこいいですね。スムーズに意思疎通をするためにも、必ずマスターしておきましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。