自分にあったスタイルで。英語のお勧め勉強法〜自習編〜

  • 自分にあったスタイルで。英語のお勧め勉強法〜自習編〜

 英会話を効率的に身につけるなら、教室に通っている・通っていないに関わらずいかに効率的に自習をすすめるかが重要になってきます。
 せっかく熱心に勉強をしていてもその方法に自信を持てなかったり成果があまり見られなかったりすると、どんどんやる気を失ってしまいます。そこで諦めてしまったら元も子もありません。「やる気!根性!」と言って闇雲に勉強するのも決して間違いではありませんが、だからといって目の前に転がっている効率的な勉強手段を蹴ってしまうのは非常にもったいないことです。
 少しでも早く身に付く勉強法を研究しましょう。

英語のお勧め勉強法その1 “洋画、洋ドラマから学ぶ”

 『24‐TWENTY FOUR-』という海外ドラマが大流行したことがありました。レンタルビデオをきっかけに人気に火が付き、その後民放でも放送されました。 深夜枠にも関わらず高視聴率を保持し、主人公の“ジャック・バウアー”の名はドラマを見ていない方にも周知されるほどでした。このドラマにハマってしまい連日連夜字幕で視聴しつづけた結果、意図せずリスニング能力が身についてしまったという方がいます。

 同時に、出演していたとある俳優を好きになり、出演作品を片っ端からチェックしているうちに少しだけ話せるようにまでなったそうです。そしてその方は「いつか彼と話がしたい!」という夢を抱き、ものすごいスピードで英会話が上達したそうです。

 このエピソードまでとは言わずとも、独学で英会話を習得するなら海外ドラマや洋画は大変有効な教材になり得るでしょう。外国のタレントや俳優のファンになれば、更に効率があがるかもしれません。

英語のお勧め勉強法その2 “外国の方が集まるバーに行く”

 近年は、外国の方が多く集まるバーやパブがとても増えました。ブリティッシュバーやスポーツバーの類いが特に多いのではないでしょうか。たまたま席が隣り合った人と打ち解けることはよくありますし、お店全体がフランクな空間になっているので、英会話初心者でも関係性の分け隔てなく楽しめます。

 外国のお友達をつくることも難しいことではありません。ビジネスや留学で日本に来ている外国の方は積極的に日本人との交流を図っている方も多く、友好的に接してもらえることがほとんどです。バーやパブというと、なんとなく入りづらく感じる方もいるかもしれませんが、最近はガラス張りで中の様子がうかがえるお店も増えています。一度覗いてみてはいかがでしょうか。

 ただし、国ごとの文化や解釈の違いもあるので、無意識の振る舞いで意図せず危険な事態を招いてしまわない様に注意しましょう。

英語のお勧め勉強法その3 “とりあえず口に出して喋ってみる”

 どの勉強法にも共通して言えることですが、とりあえず口に出して読んでみるのはとても重要です。英会話の勉強の一環で教科書を読んだりノートに英文を書いたりすることも多いと思います。その際も、ただ文字を追うだけ、書くだけでなく口に出して読みましょう。

 言葉が口に馴染んでいくうちになんとなく発音もつかめてくるようになるのです。街の看板の注意書きや、ポスターのちょっとした英文が目に着くたびに、周りに聞こえない程度の声で呟いてみるのも有効です。目・耳・口をフルに使って英会話を体に馴染ませましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。