English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

<中級編>第21〜24回/イムランの「週末のできごとを英語で話してみよう!」

第24回 〜クリスマス・ショッピング〜

Imran: Hey, Lisa, how was your weekend?
イムラン:やあ、リサ、週末はどうだった?

Lisa: It was great.
リサ:すごくよかったわよ。

Imran: Good to hear that. What did you do?
イムラン:それはよかった。何したの?

Lisa: On Saturday, I went Christmas shopping with my colleagues and on Sunday, we had a small Christmas party at my place. It was a girls’ night.
リサ:土曜日は同僚とクリスマス・ショッピングに行って、日曜日は私の家で、ちょっとしたクリスマス・パーティーをしたの。女子会だったの。

Imran: Wow, sounds nice. Did you exchange presents?
イムラン:へえ、そうなんだ、いいね。プレゼント交換した?

Lisa: We actually did.
リサ:実はしたのよ。

Imran: I haven’t done that since elementary school. What did you get?
イムラン:そんなこと小学校以来してないなあ。何もらったの?

Lisa: I got a bunch of Star Wars-The Last Jedi goods.
リサ:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のグッズをもらったわ。

Imran: That’s awesome. And what did you give?
イムラン:いいね。で、何あげたの?

Lisa: I gave 2 tickets for the Countdown Japan 17/18 event.
リサ:『COUNTDOWN JAPAN17/18』のチケット2枚あげたわ。

Imran: Wow! How did you get the tickets?
イムラン:へえ!どうやってチケット入手したの?

Lisa: Oh, it was so tough getting the tickets.
リサ:まあ、すごく大変だったわ。

<Imran MEMO>
 今回は「すごく大変だったわ」というフレーズです。英語だと少しずつ違うのに、日本語は一緒なんですよ。

Oh, it was so tough getting the tickets.
(まあ、すごく大変だったわ。)

 初級、中級、上級とそれぞれ見てみると、英文は少しずつ違うのに、日本語は一緒なんです。どれを使ってもニュアンスが変わることはありません。ただの言い方の違いとして覚えておいてください。

 他の例として、「彼と連絡を取るのがすごく大変だった。」と言ってみましょう。「連絡を取る」はcontactでもいいのですが、会話では「get in touch」をよく使います。

・It was so difficultgetting in touchwith him.
・It was toughgetting in touchwith him.
・I had such a hard timegetting in touchwith him.
【プロフィール】
イムラン・スィディキ
1976年11月14日生まれ。セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(小学校〜高校)、上智大学、上智大学大学院。英会話スクール『コペル英会話教室』麻布十番本校、銀座校の校長。YouTube上の公式チャンネルをはじめ、公式アプリ、ブログ、Twitter、Facebookなどでも人気。著書に『CD BOOK 超英語思考トレーニング』(明日香出版社)など。日本各地で英会話セミナーを開催し、わざわざ海外からセミナーに参加する受講生もいるほどの人気講師。「英語はストレスなく学ぶのが一番。英語を勉強している人に、いかにストレスを感じさせないか」を考えながらレッスンをしている。
前へ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。