空港のカフェでひと息 〜インフォメーション編〜

 海外旅行でトランジット(乗り継ぎ)時間を楽しむコツとして、空港内のカフェやバー、仮眠室やシャワールームなどを使ってみては? まずはインフォメーションでの英会話テクニックを確認!

トランジットの合間に空港でひと息 〜空港案内を利用する〜

  • 画像/空港のイメージ

 日本から直行便で行けるところではなかった場合、必ずどこかの経由地で飛行機のトランジットをしなければいけません。トランジットの待ち時間は、長いと丸一日ということも…。そんなときは空港のカフェやバー、仮眠室やシャワールームなどをうまく利用して、空港の滞在時間を快適に過ごしましょう。

 今回はカフェでひと息しながら、英語学習までしちゃうという、欲張りトランジットでの過ごし方をご紹介します。まずはインフォメーションでの英会話から。

 到着したらゲートを出て、空港内の施設を確認します。「information」というところで空港の案内マップをもらいます。
「Excuse me. Do you have a map in here? I’m looking for nice cafe or restaurant to have something to drink.」
(すみません、ここの地図はありますか? ひと息できるカフェかレストランを探しています)

Info.「Here it is. Look, I can recommend this cafe. I like here」
(どうぞ。ここは、私のオススメのカフェですよ)

「Sounds great. Thank you!」
(いいですね。ありがとう!)

 この“something to drink”【something to 動詞】は英会話丸覚え鉄板フレーズです。動詞の部分に、“eat”“play”“wear”などをつけるとそれぞれ、“something to eat”(何か食べるもの)、“something to play”(何か遊ぶもの=おもちゃ)、“something to wear”(何か着るもの)という英会話のフレーズになり、特定のものは頭にはないのだけど、ぼんやりとしたいことを指示できます。

 例えば“I’m kinda hungry. I wanna have something to eat.”(なんだかお腹空いたなー。何か食べたいな)などのように“何か○○するもの”となります。ちなみに、“kinda”“kind of”の英語特有のカジュアル口頭表現の省略版です。“なんだか(なんか)〜”とワンクッション置きたいときに使います。

 わたしはこの“kinda”が口癖で、英語で話すときにあまりにもいい過ぎてしまい、日本で出会った外国人に「君、西海岸で英語習ったでしょ」と見破られてしまいました。西海岸でよく使われる言い回しのようです。

 次の“wanna”“want to”のカジュアルな省略版です。どちらもカジュアル英語ですが使いこなすと、グッとこなれた印象になりますよ。最後に出てきた“Sounds great!”は何かを提案されたときに「イイネ!」と言いたいときの返事です。 “Sounds great”のほかに“amazing”“fantastic!”などのバリエーションがあります。是非これらの英会話フレーズを使ってみてください。

〜旅行先でのトラブルを乗り切る! ワンフレーズ英会話 会話例〜

「Excuse me. Do you have a map in here? I’m looking for nice cafe or restaurant to have something to drink.」
(すみません、ここの地図はありますか? ひと息できるカフェかレストランを探しています)

Info.「Here it is. Look, I can recommend this cafe. I like here」
(どうぞ。ここは、私のオススメのカフェですよ)

「Sounds great. Thank you!」
(いいですね。ありがとう!)

 何か情報収集したいとき、案内表示を見て確認することはできます。でもどうせならいろいろな外国人と触れ合って、英語にどんどん慣れてもらえたらと思います。ガイドブックには決して載っていないローカルで生きた情報を得るために、生きた英語を使って外国の人々と触れ合ってみるのもkinda niceですよ!

〜One More Tip〜

 今回の「Sounds great. Thank you!」(いいですね。ありがとう!)の“sounds great”のあとに、“I’ll take your words”と付け加えると、さらにこなれた英会話になります。

 “take”は“手を突っ込んで取る”というイメージがある英単語です。日本語に直訳すると「あなたの言葉を私はつかむでしょう」という言葉になるのですが、この言葉は「あなたの事を信頼して、あなたの言う通りにしてみます」という意味になります。これはとてもカジュアルに使える言葉で、「それイイね、やってみるよ!」という雰囲気の言葉になります。

 単語はイメージで把握すると、英語が使いやすくなり、話しやすくなります。今後も折に触れて英単語のイメージをご説明するので、以後お見知りおきを……! Please take my words!(どうぞ信頼してやってみてくださいね)

ライティング/鮓谷裕美子(Yumiko Sushitani)
編集プロダクションverbライター。 元NIKITA編集部スタッフ。上智大学英文科卒。国際恋愛派のコラムニスト。ezweb,yahooケータイ公式サイト「セクシー英会話術」を運営。英語スキルは通訳レベルの実力。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。