中学英語でOK! レストランで使える簡単6フレーズ

 せっかくの海外旅行。カフェでの注文が指差し注文じゃもったいない! まずは“メニューを広げて、いざ注文”ができちゃう、中学英語でOKな、鉄板英会話フレーズをご紹介します。

簡単な英単語で十分! レストランで実践英会話

  • 【画像】海外のレストランのイメージ

 旅行中は、英会話の訓練になる機会は最大限に生かしましょう。カフェでの注文も指差し注文じゃもったいない! 旅費が泣いちゃいます。すべての瞬間にアンテナを張って、分からない英単語や分からない英会話フレーズがあったら、店員さんにしつこく聞いちゃうのもアリです。嫌がられるどころか、こちらの“あなたを理解したい”という情熱が伝わるので相手もおざなりな対応はしません。まずは“レストランでメニューを広げて、いざ注文!” の鉄板英会話フレーズを御紹介します。
〜注文をするとき〜
server「Are you ready (to order)?」
(ご注文は?)

呼びとめる場合:「Excuse me, can I order now?」
(注文してもいいですか?)

「Do you have something like “Today’s Special”?」
(今日のスペシャル料理みたいなものってありますか?)

【“Today’s Special”は、“本日のオススメ日替わり料理”という意味】

server「Yes, we have. Today’s special is ricotta cheese tortellini.」
(はい。今日のスペシャルはリコッタチーズのトルテリーニになります)

「Um…, I’m kinda full for it. How about Today’s soup?」
(うーん、そこまで重いものは食べられないのですが……。今日のスープはなんですか?)

server「Today’s soup is minestrone. This is one of our best!」
(今日のスープはミネストローネです。我々どもの自信作ですよ!)

「Wow, sounds amazing. Minestrone is my favorite. I’ll take this.」
(いいですね。ミネストローネは好物なんです。じゃあそれにします)

server「I’m sure you will like it.」
(きっと気に入りますよ)

【“I’m sure (that)〜/I’m sure of it”で、「〜について確信している=絶対に〜だ」という相手を信頼させるフレーズになる】

「Plus, can I have a coffee after soup?」
(あと、スープの後にコーヒーを頂けますか?)

server「Certainly.」
(もちろんです。ではお待ちください)
■英会話のコツ1 注文時に便利な“6フレーズ”

今回は、レストランでの注文シーンで“覚えておくべき6フレーズ”。すでに紹介しているものもありますが、初登場は “I’m full.(お腹一杯です)”です。
 
こちらの英会話フレーズは友人宅にお呼ばれしたときなど、覚えておくべき一文。“Full”は「思いっきり満タン」という感覚で、“I’m full.”となると「もう食べられないよ〜(お相撲さん風に)」という表現になります。私は以前にホームステイ先で、この英語を知らずに断れずに食べていたら、5キロ太ってしまったので、是非覚えておいてくださいね(笑)
覚えておくべき重要英会話フレーズ≫

●Can I〜?(〜を頂けますか?)       ●something like〜(〜のようなもの)
●kinda〜(kind ofの省略形/なんだか〜)  ●I’m full.(お腹いっぱいです)
●sounds amazing!(いいですね!)    ●I’ll take this.(それにします)
■英会話のコツ2 中学英語で習うレベルで十分!

 今回、長いように見えてすいすい読み進められると思いませんか? でも…これらすべての文章は“中学で習うレベル”の英語! カフェでの注文なら、これほど簡単に英語で会話ができるんです。
 
友達との会話のように複雑なことを聞かれるわけでもないし、学校の授業のように専門的な知識を必要としない「飲食店での注文シーン」は、英会話習得にとっても最適! 今回の英会話例は、前回までの基本的なフレーズがすべて詰まった復習編になっています。全部使い勝手のよい英会話鉄板フレーズで、ここまで応用が利くのでfullスロットルで覚えてみてくださいね!

〜One More Tip〜

 海外で食事をしていると、店員さん(server)たちの過保護なサービスにはじめは驚くことでしょう。彼らにとってはチップが給料に直結していて、なかには給料の半分以上がチップ(!)という店員さんもいますから、接客に必死になってしまうわけです。でも、英語に慣れていないのに、突然話しかけられるとドキドキしちゃいますよね。ということで、店員さんから話しかけられた場合の鉄板英会話フレーズをご紹介します。

■英会話のコツ3 “yummy”と“tasty”
 食事がサーブされて少し経つと“How do you like this?”(お口に合いましたか?)と店員さんが話しかけてきます。

 そこで“This is yummy. I love this!” (これ、とっても美味しいです。すごく気に入りました)と答えてください!

 “yummy”は元々幼児英語で「おいしい♪」というイメージの英単語でしたが、今では老若男女、誰でも使います。派生英語として“yum”という英単語もあり、“yum yum”とふたつ続けて使うと「うまうま!」という意味になります。

 もう少し高級感のあるレストランでは“This is really tasty!”などと答えると洗練された印象になります。このフレーズは丸覚えして使ってみてくださいね。


ライティング/鮓谷裕美子(Yumiko Sushitani)
編集プロダクションverbライター。 元NIKITA編集部スタッフ。上智大学英文科卒。国際恋愛派のコラムニスト。ezweb,yahooケータイ公式サイト「セクシー英会話術」を運営。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。