コミュニケーションを楽しむ! 屋台や市場で値引き交渉に挑戦

 旅先の雰囲気を感じられて、ローカルの人たちと仲良くなれるのがマーケット(market)や、屋台(a stand, a stall)。そんな海外のマーケットで役に立つ値引き上手な日常英会話をピックアップ。

海外旅行先で屋台や市場を覗いてみたい! 〜世間話から値引き交渉まで〜

  • 【画像】海外の市場

 ビバリーヒルズのロデオドライブで“プリティ・ウーマン”ごっこも楽しいけれど、海外旅行では見たことないものに触れたり、聞いたり、食べたり、探したりしてみたりはいかがでしょう?

 旅行先の現地の雰囲気を感じられて、ローカルの人たちと仲良くなれるのがマーケット(market)や、屋台(a stand, a stall)の魅力のひとつです。海外旅行中に訪れるなら、中心地にある大きなマーケットがおススメ。彩り豊かな景色に包まれ、異国情緒溢れる雰囲気に浸れること間違いなし!
 今回はそんな海外のマーケットで役に立つ値引き上手なラブリー英会話をご紹介します。

〜マーケットでの値引き英会話〜
「Excuse me, where can I find a fresh fruit? 」
(すみません、新鮮な果物はどこにありますか?)

Shopkeeper「I have tons of fruits. You can buy in here! What’s kinda fruit you want?You gonna love our fruits!」
(果物ならここでもたくさん売っているから、買っていってよ! どんなフルーツが欲しいのかな? 絶対気に入るよ!)

「Yeah, you must be right, umm…, looks great. I’m looking for something local. Do you have any recommendation?」
(そうですね…、確かにおいしそう。なにかこの土地ならではのものを探しているのですが、おススメはありますか?)

Shopkeeper「Of course! You can try this. Everybody in here loves this」
(もちろん! これを試してみてごらん。ここの人はみんなこれが大好きなんだよ!)

「Nice, but looks expensive. I just wanna have this a little bit
(いいですね、でもちょっと高いなー。少しだけ欲しいんです)

「So, how about this price?」
(じゃあ、この値段ではどうかな?)

Give me a little bit more break on the price, please? How about I’ll give you a specialty from Japan.」
(もうちょっと安くならないですか? 日本からのスペシャルな贈り物をあげるので)

「Wow, that’s looks amazing! OK, I’ll give you better deal!」
(こりゃすごい! もっと安くしてあげよう!)

■丸覚え鉄板英会話フレーズ“where can I find a〜?”
  今回も使える英会話がたくさん詰まっております。なにかを探しているときにいつでも使える “where can I find a〜?”(〜はどこにありますか?)と前回ご紹介した“I’m looking for 〜”(〜を探しています)はセットで覚えてください。

 また、相手に何かを勧めるときに使う“You gonna love〜”(〜を絶対気に入るよ)も、ぜひ覚えておいてほしい英会話フレーズです。特に日本特有の文化に対して、外国の方々はとても興味を示してくれるので、なにかを勧めるときにはこちらの英会話フレーズも添えてみてくださいね。

 そして“I just wanna have this a little bit”。この英会話フレーズは多くのものをオファーされたときに、“そんなにいらないのでちょっとだけ”という意味があり、マーケットでもホームパーティなどでも使えます。あれもこれも持たされて、クリスマスツリーのようだといわれないように覚えておいてください。

 “Give me a little bit more break on the price, please?”は、“ファイナルコール!もうひと声!”といった感じの攻める値引き英会話フレーズです。“Give me a break on the price”「もうちょっとおまけして」だけでも使えます。

 ちなみに、英会話例のなかで最後にでた「日本からのスペシャルな贈り物」ってどんなものが効果的だと思いますか? 実はVol.003の「One more Tip」でも紹介した“折り鶴”なんです。日本人が当たり前にできる折り紙って、外国の人から見れば本当にマジックのように見えるんです。

 海外での値引き交渉の際には、ぜひ折り紙を忍ばせて、奥の一手として出してみてください。これがあれば英会話だけでは殺伐としがちな交渉事でも、笑顔が広がりますよ♪

〜One More Tip〜

■女性の海外旅行のお悩み解決! 〜ナンパのかわし方〜

 開放的になる海外で現地の人と仲良くなるのは、とっても楽しいですよね。でも女性の場合、現地の男性に対して、“仲良くなる”のと“狙われている”のはキチンと見分けなければいけません。

 特にひたすら褒めちぎってきたり、やたらとボディタッチが激しい人には要注意! 相手に悪いなんて、思う必要なし! こちらへの敬意がないようだと感じたら、すぐに毅然とした態度を取りましょう(ヘラヘラ笑っているのは一番よくない!)。ですが…。やっぱり楽しい雰囲気は壊したくないですよね。そんなときに冗談っぽくも毅然とNoの意思表示ができる英会話フレーズがこちら。

 キレイだ、ステキだ、美しい!の褒め言葉の羅列には、“Thank you! I know that, everybody says that!”(ありがとう。知ってる! みんなそういうし)と“I know!”(ハイハイ、知ってる 知ってる)で乗り切りましょう。そこで相手が鼻白んだら、あなたは“狙われていた”ということです!


ライティング/鮓谷裕美子(Yumiko Sushitani)
編集プロダクションverbライター。 元NIKITA編集部スタッフ。上智大学英文科卒。国際恋愛派のコラムニスト。ezweb,yahooケータイ公式サイト「セクシー英会話術」を運営。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。