味方につけたい! ホテルコンシェルジュ徹底活用術

 海外のホテルでコンシェルジュを利用したことはありますか? 彼らは宿泊客の要望を知性と経験で実現してくれる“なんでも屋さん”。心強い味方となってくれる彼らとの会話術を身に着けよう!

情報は獲りにいく! 海外の宿泊先でホテルコンシェルジュ(案内人)と話す

  • 【画像】海外のホテルイメージ

 今回はずばり「all about concierge」。みなさん、ホテルのコンシェルジュを利用したことはありますか? コンシェルジュとは、ホテルの宿泊客の要望を知性と経験、ネットワークを駆使して実現してくれる“なんでも屋さん”。そんなコンシェルジュが決して言ってはならない三つの言葉は『ダメです』『無理です』『できません』だとか…。たとえ「30年前に来日したときに会った、名前も忘れたレストランのソムリエに会いたい」という無理難題でも、親身になって希望を叶えてくれます。

 こんな無謀なオーダーと比べれば、私たちの要望なんてかわいらしいもの。気軽にコンシェルジュに頼めそうな気がしてきませんか? 今回は、海外旅行先で大変心強い味方となってくれるホテルコンシェルジュとの英会話術を身につけましょう。

〜ホテルコンシェルジュとの英会話〜
「Excuse me,I’m looking for a decentrestaurant with live music, and nice location. My budget is about a hundred fifty per person.」
(ちょっとよろしいですか、生演奏があって素敵な場所にある適当なレストランを探しています。予算はひとり150ドルくらいです)

Concierge「Of course, please let me help you! If you drink a lot, you might wanna go this restaurant. Good food, decent wine, and cozy place. Plus, definitely great live music you would enjoy!」
(もちろんです。是非お手伝いさせてください。もしお酒を結構飲まれるようであれば、こちらのレストランなどいかがでしょう。おいしい料理にコスパのよいワイン、居心地がいいところですよ。もちろん素晴らしい生演奏があるので、きっとお気に召しますよ。)

「Sounds so great! But I heard that place is really hard to get a seat. Always full.」
(いいですね! このレストラン、いつも満席で、予約が難しいと聞きましたが…)
Concierge「Yes, but you know I’m your concierge! Please just let me try to get a table for you. (and pick up a phone and call……),…OK, you’re all set!」
(そうなんですよ。でもわたしはあなたのコンシェルジュですから! ちょっと電話してみますね。(受話器を上げて電話をかける…)、オーケー、席取れましたよ)

「Wow, you’re like a Harry Potter!」
(あなたって、魔法使いみたいですね!)

■丸覚え鉄板英会話フレーズ“I’m looking for 〜”
  今回は丸覚えしてほしい鉄板英会話フレーズの宝庫です。まず“I’m looking for 〜”(わたしは○○を探しています)です。「○○を探しているから知らない?」と誰かに問うことは日常で多いので、是非このフレーズを覚えてください。

 次に“decent”。この英単語は“むちゃくちゃキチンとしている”というイメージで、日本語では“適切な”に意味が近いです。お金を払う対象(レストランやワイン、航空券)などにつけると“コスパのよい”という感覚になるので、海外でなにか探しているときは“decent”を使いましょう。

 なにかを探していて予算があるときには“My budget is 〜”(わたしの予算は〜)を使いましょう。せっかく探してきてくれたのに「高すぎる」なんて言えないですもんね。特に断りきれない性格の人ほど、この英単語を覚えて先に予算は伝えましょうね!

 次に相手へのオファー表現です。“You might wanna 〜”(“あなたは〜がしたいかもしれない”=“〜はいかがでしょうか?”)という意味があり、押しつけがましくない英語表現です。官公庁やホテルなどでよく耳にします。

 これだけ覚えれば、コンシェルジュに要望を伝えられますから、丸覚えして旅行先のホテルで活かしてくださいね!

 VIP待遇など、できれば海外旅行先では最大限いい思いをしたいですよね。それを可能にしてくれるのがコンシェルジュの存在なんです。有名なホテルに一日だけでも泊まってコンシェルジュに甘えてみましょう。あなたが直接電話しても予約が取れなかったり、ドア付近の席に追いやられていたかもしれないレストランでも、コンシェルジュの口利きで、いちばんいい席に案内され、シェフからの挨拶までついてきちゃうこともあるんです。Decentに扱われるために、ぜひLook for a concierge in the hotel!

ライティング/鮓谷裕美子(Yumiko Sushitani)
編集プロダクションverbライター。 元NIKITA編集部スタッフ。上智大学英文科卒。国際恋愛派のコラムニスト。ezweb,yahooケータイ公式サイト「セクシー英会話術」を運営。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。