English Style PRODUCT BY オリコン顧客満足度

「風邪を引きました」を英語で言うと? 体調を伝える&気遣うフレーズ

「風邪を引きました」を英語で言うと? 体調を伝える&気遣うフレーズ(写真はイメージ) [拡大する]

「風邪を引きました」を英語で言うと? 体調を伝える&気遣うフレーズ(写真はイメージ)

 冬は風邪を引きやすい季節。日本でも全国的にインフルエンザの流行が拡大している。海外旅行中に体調が悪くなる場合もあるだろう。

 街で体調が悪そうな人を見かけたとき、英語でどのように話しかけたらいいのだろうか? 「熱がある」「体調はどう?」「すっかりよくなった」など、今回は、自分の体調を伝えるフレーズ、そして人の体調を気遣うフレーズを紹介する。

■体調不良&症状を伝えるフレーズ

 「体調が悪い」は “not feel well” で表すことが多い。“be sick” は「病気です」という意味。 また、風邪や体調不良の詳しい症状は基本的に “I have ?” で表すことができるので覚えておくといい。

・今日は体調が良くないです
 I’m not feeling well today.
・風邪を引きました
 I caught a cold.
・風邪を引いています
 I have a cold.
・熱があります
 I have a fever.
・頭痛がします
 I have a headache.
・鼻水が出ます
 I have a runny nose.
・咳が出ます
 I have a cough.

■体調を気遣うフレーズ

 海外では、具合が悪そうな人を見かけたら、他人にも積極的に声をかける光景をよく目にする。「大丈夫ですか?」の一言はぜひ覚えておきたいものだ。

・大丈夫ですか?
 Are you OK?
・体調が悪いのですか?
 Are you not feeling well?
・病院へ行ったほうがいいよ
 You should see a doctor.

 体調が良くなったかどうか気遣ったり、確かめる時に使うフレーズ。“good” の比較級 “better” を使うことで「さっきよりも良い」というニュアンスになる。

・体調はどう?
 How are you feeling?
・体調はいくらか良くなった?
 Are you feeling any better?

 メールやSNSで使える、「早く良くなりますように」「お大事に」といった相手を思いやるフレーズも覚えておくと役に立つ。

・早く良くなるといいね
 Hope you get/feel better soon.
・お大事に。ゆっくり休んでね
 Take care. Get some rest.


■体調が回復した時に使うフレーズ

 体調が回復に向かっている時にも “better” がよく使われる。“recover (回復する)” も体調を表す場合によく使われる単語だ。

・良くなってきています
 I’m getting better.
 I’m recovering.
・すっかりよくなりました
 I’m fully recovered.

 海外で具合が悪くなった場合、英語で症状を伝えなければならないこともあるだろう。いざという時のために、体調を伝える基本的なフレーズは日頃から言えるようにしておこう。

記事/(C)日刊英語ライフ
ニュージーランドを拠点に活動するYoko Osadaによる英語コラムサイト(https://kiwi-english.net/)。ネイティブから学んだ使える英語と多くの人がひっかかりそうな文法・フレーズなどを「簡単に分かりやすく」日刊で紹介している。

>> 「インフルに感染」英語でなんと言う? “病気”にまつわる表現を紹介

>> 自分の成長を実感!【英会話レッスン 満足度ランキング】

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close