<連載>「ハロウィン・ショッピング」を英会話で〜イムランの「週末のできごとを英語で話してみよう!」第14回

「ハロウィン・ショッピング」を英会話で [拡大する]

「ハロウィン・ショッピング」を英会話で

 外国人とコミュニケーションを取るために、よく使われるのが「週末は何をしていたの?」というフレーズ。人気講師・イムラン先生が「すぐに使えて、今が旬の例文」を、毎週配信します。第14回は、日本でも定番イベントになってきた「ハロウィン」についてです。
 
Imran: Hey, Lisa, how was your weekend?
イムラン:やあ、リサ、週末はどうだった?

Lisa: It was all right. I went to look for my Halloween costume.
リサ:まあまあだったわ。ハロウィンのコスチュームを探しに行ったの。

Imran: Oh, really? That sounds fun.
イムラン:へえ、そうなの? 楽しそうだね。

Lisa: Yeah, it was. It’s amazing how there are so many costumes you can choose from. And the store was so crowded.
リサ:ええ、楽しかったわ。すっごくたくさんのコスチュームがあって、驚いたわ。それに、お店もすごく混んでた。

Imran: So, what did you buy?
イムラン:で、何買ったの?

Lisa: I bought a nurse costume.
リサ:ナースのコスチュームを買ったの。

Imran: Really?
イムラン:本当?

Lisa: Yeah, I wanted to become a nurse when I was small.
リサ:そう、小さい頃、看護婦さんになりたかったの。

Imran: Your dream finally comes true.
イムラン:夢がついに叶うね。

《Imran MEMO》
crowded=混んでいた

 今回の会話では、「混んでいた」という表現を紹介しました。「混んでいた」と言いたい時、大抵「It was crowded.」を使うと思います。もちろんそれでも通じるし、よく使います。でも、実はそれ以外にも「混んでいる」を表す英語はいくつかあります。

 初級では、普通の「crowded」を使いました。「crowded」は“場所が混んでいる”と言いたい時に使います。あとの2つよりも使える幅がとても狭いです。何気ない言葉だと、ついつい以前から知っている簡単な単語を使いがちです。もちろんそれでも通じるので、まったく問題ないのですが、色々なバリエーションを学んで、同じ言葉、同じ単語だけで話すのではなく、単語の幅を広げてみましょう。

【プロフィール】
イムラン・スィディキ
1976年11月14日生まれ。セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(小学校〜高校)、上智大学、上智大学大学院。英会話スクール『コペル英会話教室』麻布十番本校、銀座校の校長。YouTube上の公式チャンネルをはじめ、公式アプリ、ブログ、Twitter、Facebookなどでも人気。著書に『CD BOOK 超英語思考トレーニング』(明日香出版社)など。日本各地で英会話セミナーを開催し、わざわざ海外からセミナーに参加する受講生もいるほどの人気講師。「英語はストレスなく学ぶのが一番。英語を勉強している人に、いかにストレスを感じさせないか」を考えながらレッスンをしている。

>> 秋の味覚「マツタケとサンマを堪能した」を英会話で

>> <レベル別>日常会話レベルで選ばれた英会話スクールとは

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close