ビジネスに役立つ【英語知識】 役立つ「タイムリー」の表現6つ

今回は“タイムリーな開示を求める”6つの英語表現を紹介する [拡大する]

今回は“タイムリーな開示を求める”6つの英語表現を紹介する

 何事もアクションを取るにはタイミングが大切だ。例えば、新製品の発売をプレスリリースで発表する場合だと“いつ配信するのか”が重要となる。上司からタイムリーに発信するよう指示されたり、自分から指示を出すこともあるだろう。

 そこで今回は、タイムリーな開示を求める表現を6つ紹介。例文を踏まえてその違いを解説していく。

<例文1>
Please disclose the announcement of our new product launch without delay.
(我々の新製品発売についての知らせは、遅れることなく開示してください)

<例文2>
Please disclose the announcement of our new product launch in a timely manner.
(我々の新製品発売についての知らせを、然るべきタイミングで開示してください)

 例文1の「without delay」は、過去に遅れたことがあり、同じ過ちを繰り返さないようにという注意が込められていたり、絶対に遅れることがないようにと念を押したりなど、強めの言い方である。これを少し和らげるには例文2の「in a timely manner」が適切。「in a timely fashion」に置き換えてもよい。

<例文3>
Please disclose the announcement of our new product launch appropriately.
(我々の新製品発売についての知らせを、適切に開示してください)

<例文4>
Please disclose the announcement of our new product launch when it is appropriate.
(我々の新製品発売についての知らせを、適切な時に開示をしてください)

<例文5>
Please disclose the announcement of our new product launch at the appropriate timing.
(我々の新製品発売についての知らせを、適切なタイミングで開示してください)

<例文6>
Please disclose the announcement of our new product launch as soon as appropriate.
(我々の新製品発売についての知らせは、適切な状況になり次第、開示してください)

 例文3〜6で使っている「appropriate」は、開示の仕方を含め、適切なタイミングを図ってほしいというニュアンスが含まれる。

 使う表現によっては相手の受け取り方も異なってくるので、指示をする場合の言葉の選びには気をつけよう。

(記事/柏野裕美)

>> 初心者におすすめ! “日常会話レベル”で人気の【英会話スクール】ランキング

>> ビジネスに役立つ【英語知識】「anticipate」と「expect」の使い分け

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close