【子ども英会話】小学校で英語が必修に… 英会話を続けるコツは?

子どもが楽しんで英語学習を続けられるコツとは? [拡大する]

子どもが楽しんで英語学習を続けられるコツとは?

 小学校における英語必修化の学年齢引き下げが検討されるなか、子どもを英会話スクールに通わせようかと考える保護者は、少なくはないだろう。まずは、どのような目的で正式教科とされるのか? その要点を理解し、子どもが楽しんで英語学習を続けられるコツをみていこう。

 現在、公立小学校では小学5年生から「外国語活動」として英語学習を開始しているが、文部科学省は、これを小学3年生からに前倒しし、小学5年生からは正式教科として成績評価も導入する方針を固めた。実施は2020年までを目指している。英語授業導入の目的(必要性)には、以下3点の要約が挙げられている。

【その1】
グローバル化が急速に進展する中で、子供たちの将来の職業的・社会的な環境を考えると、外国語、特に英語によるコミュニケーション能力は、様々な場面で必要とされることが想定され、今まで以上に、その能力の向上が課題となっている。

【その2】
英語教育を通じて育成すべき資質・能力を明確化し、これらの資質・能力についての達成状況を明確化するための小・中・高を通じて一貫した目標を設定するとともに、学校として、英語の授業以外でも英語に触れる機会や環境を整えることが求められる。

【その3】
また、国際社会に生きる日本人として、日本人のアイデンティティを育成するため、我が国の歴史・伝統文化等に関する学習の一層の充実が必要である。

 この文部科学省の発表を受け、子ども英会話スクールを検討する保護者が増加することは必須だろう。しかし、ここで注意しなければならいのは、どれだけ親が熱心でも、子どもにとって興味がなければ、スクールでの英語学習を長続きさせることは難しいだろう。

 まずは子どもが英語に興味を抱くように、好きなキャラクターの映画やアニメを英語で見る、親が英語の絵本の読み聞かせをするなど、英語を身近な言語だと感じさせることが重要。英会話スクールでの授業に併せ、家庭内でも軽いあいさつや「○○が食べたい!」「どうぞ」といった簡単なコミュニケーションに英語を取り入れるなど、自然と英語を話せる環境づくりを心がけよう。

>>子どもを通わせた保護者が選んだ!!
2014年度版『顧客満足度の高い子ども英会話ベスト10』

>>いまからでも遅くない! 実際に通った生徒が選ぶ
授業の受けやすさでみる『英会話スクール 顧客満足度 ベスト17』

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。