ビジネスより生徒重視!!  通学者が離れない英会話学校「ステージライン」の魅力(4)

――学校の規模としては決して大きくない同学校が、なぜ生徒に愛されるのか? その理由に迫る
>>理由1 パッケージ販売から脱却! 業界初の特徴的なサポート
>>理由2 ほかにはない生徒目線のオリジナル施策 
>>理由3 代表の理念――枠を超えた取り組みはいかにして生まれる?
>>理由4 通いたくなる理由と魅力を長期通学者が語る

>>【学校が愛され続ける理由4】「長期通学者の生の声」<<

■通いたくなる理由と魅力を長期通学者が語る

 英会話スクールでは、非常に珍しい20年以上通い続ける長期通学者の高橋志朗氏。同氏は、東北学院大学大学院の教授で、25年前にカナダ留学の準備としてステージラインに通い始めたのがきっかけ。それ以来、帰国後も毎週日曜日の午後は授業を受けている。通学歴は25年近くにおよび、すでになくてはならないライフスタイルの一部となっているという。そんな同氏に学校に通い続けたくなる魅力を聞いた。

▼まず、20年以上も英会話スクールに通われているのは非常に珍しいと思いますが、どういった感覚なのでしょうか。
  • 【画像】ステージラインの長期通学者

    25年近くステージラインに通う高橋志朗氏

高橋氏 そうですね、日曜の午後はリラックスして過ごしたいけれど、ただ寝ているのではつまらない。仕事で嫌なことがあってもスイッチをオフにして、知的再生産になる英会話学習をする感覚です。それがすごくよくて、欠かせないライフスタイルの一部になっています。

 私は意外と選り好みは激しい方なので、ここまで自分が長く通うとは思ってもいなかったんですが、今となっては偶然とはいえ、本当にいいところに通ったなという感じです。あと、長く通っているので、ホッとするというか、そういう場所としても使わせてもらっています。

▼そこまで長く通いたくなる学校の雰囲気とは実際どういったものでしょうか?
高橋氏 スタッフや生徒の雰囲気がアットホームで居心地がいいです。特に代表の難波さんの考えはとても柔軟で、いわゆる経営者とは違うタイプ。生徒さんや従業員への接し方もとてもソフトなので、人柄も生徒に安心感を与える要因の一つだと思います。生徒さんの質とかムードとかもそれにつられている気がします。

 20年以上通っている生徒が珍しいと言われましたが、実は意外と普通にいます。最近は日曜日しか来ていませんがパッと数えただけで5〜6人は知っています。なので、あまりレアではないですね(笑)。雰囲気がよくなければ、そんなことはまずありえないと思います。

▼学校の雰囲気と英語の習得度は異なるものだと思いますが、授業はどうでしょうか。
  • 【画像】ステージラインの長期通学者

高橋氏 私はTOEFLの勉強もここで学びましたが、スコアだけでなく、海外に実際に行っても日常会話に近いものが結構出てきて役に立ちました。あと、海外に住む際に文書のやりとりなど事前準備が必要でしたが、そういうドキュメントを見てもらったり、授業以外のサポートもたくさんありました。授業以外でも英語が上達していくのを感じましたね。

 講師も親身になって、時には真面目に、時には夜飲みに行って砕けた話をしたりと本当に助けてもらいました。講師陣のメンタリティが高い上に、悪い人もいない。だから安心して付き合えるというのはありますね。授業の質も含めて、長く通っても変わらないのはすごいことだと思いますね。

>>海外で役立つ! TOEIC・TOEFL勉強のコツ

▼実際に通われていて、特に他校とは異なる特徴はありますか?
高橋氏 ほかの英会話学校には行ってないので比較をしたことはないです。ただ、様々なイベントがあり、仙台では野外で芋煮会やバーベキュー、東京でもお店を貸し切ってクリスマスパーティなどが開催されます。イベントやサロンでの出会いを通して、生徒同士の横のつながりがしっかりできているのは大きな特徴だと思います。

 それも、普通は英会話学校がイベントを開いても、そう多くは集まらないと思いますが、50人〜60人ぐらい集まりますからね(笑)。さらに以前は、スキーや海外旅行、ゴルフやテニスのサークルもあったり、多い時には100人以上集まることもあったと思います。それもみんな和気あいあいとしていて、クラスやレベル関係なしに楽しく過ごせる。本当に英会話の枠を超えていますよね。

>>充実した生活を送れる!? 資料請求はホームページから

▼では、この学校の一番の魅力を挙げるとしたらなんでしょうか?
高橋氏 この学校の一番の魅力は、やはり「人の輪」だと思います。英会話に通っていて、人の輪という答えがすでに異例だと思いますが、本当に楽しく過ごせるんです。仕事で嫌なことも緩和されますし、授業は授業でいい刺激になる。日曜日にここに来られないとペースが乱れます(笑)。