これさえ言えればOK!!ホテルで話す英会話

 最近では、自動で英語を話してくれるツールが登場したり、指差し英語でも対応してもらえる観光スポットも増えてきました。とはいえ、最低限の英会話が話せるに越したことはありません。特に滞在中お世話になるホテルの方には誠意をもって自分の言葉で話したいものです。
 ホテルでの英会話はほとんどが定型文で、それに対する返答もある程度決まっています。大体のホテルは、多少たどたどしい英語でもきちんと誠意をもって接客をしてくれることでしょう。
 ホテルでのやりとりは、ビジネスにおいても観光においても必須となる基本の英会話です。これを機に修得していきましょう。

チェックイン時に役立つ英会話

 ホテルにおける英会話、第一関門はチェックインです。フロントで自分の番がまわってきたら、

 「Check in,please. My name is ○○.」
 (○○と言いますが、チェックインをお願いします。)

と伝えましょう。チェックインしたい旨と、名前を伝えるだけでOKです。挨拶も忘れずにしましょう。ここで、予約書など提示が必要な書類をだします。無言で差し出しても理解してもらえますが、
 「Here is Reservation slip.」
 (これが予約書です。)
とできれば一言添えましょう。もしホテル予約をしていない場合は、まず部屋が空いているか確認しなければなりません。その場合は

 「I have no reservation. Do you have a room available?」
 (予約をしていないのですが、部屋は空いていますか?)

と尋ねましょう。ホテルの方の返答でYesかNoか判断ができない場合は、相手の表情やジェスチャーで確認しましょう。

 「Would you spell your name?」
 (名前のスペルはどのようなつづりですか?)

という風に、名前のスペルを確認されることがあります。その際は、

 「Here you are.」
 (はい、どうぞ)

と、ローマ字で名前を書いたメモを見せましょう。「間違っていないかな?」と不安にならず、自信を持って話せば案外通じるものなのです。

ホテル宿泊中に役立つ英会話

 海外のホテルでも日本と同様、外出中はフロントで鍵を預かってもらいます。この場合どのようにその意思を伝えればいいのでしょうか。
 「I will go out now.」で、「外出します」という意思を伝えることができます。

 「Please keep my key.」
 (鍵を預かってください。)

と言って鍵を渡せば、ホテルの方は理解してくれるでしょう。英会話の中でもとっても基本的な文章です。
 外出から戻り、鍵を受け取りたいときは

 「Can I have my key? My room number is ○○.」
 (鍵をください。部屋の番号は○○です。)

と伝えましょう。いずれも、相手がリアクションを起こしてくれた際には「Thank you.」とお礼を忘れてはいけません。

チェックアウト時に役立つ英会話

 チェックアウト時は、滞在時間の延長など特にしない場合はチェックイン時よりもスムーズにやりとりができます。まず、部屋から荷物を持ち出すときなどは必ずホテルの係員に依頼をしましょう。自分で持ち出すのはいけません。彼らの役割を奪ってしまうことになります。

 「Could you bring my baggage down, please?」
 (荷物を運んでもらえますか?)

で伝わります。
 そして、チェックアウトの意思は

 「I want to check out please.」
 (チェックアウトをお願いします。)

と伝えます。すると料金明細が提示されますので、現金かクレジットで支払います。もし、明細に見覚えのない請求がある場合は、

 「I think there is a mistake in the calculation of my bill.」
 (料金明細が間違っています。)

と伝えましょう。ルームサービスなどを頼んでいないのに追加料金があれば必ず確認してください。内訳を理解できたら、料金を支払いましょう。そしてやりとりの最後には、感謝を伝えられれば英会話としては完ぺきです。

 「We enjoyed our stay. Thank you very much.」
 (楽しく過ごせました。ありがとうございます。)

の一言で伝わります。