TOEICスコア600の壁を打破!するためには

  • まずはスコア600の壁を打破!TOEIC勉強法

 英語・英会話能力向上のために、自らの到達度を可視化させることは非常に大切です。英会話を実践する場面において客観的に英語の能力を指し示すツールもなりますし、勉強に対するモチベーションの維持にもつながります。
 TOEICは世界の非英語圏150ヶ国で共通して実施されている英語力測定テストで、日本では年に10回行われています。TOEICに合否はなく、受験すれば必ず点数とスコア認定証が公布されます。しかし一般的に、英語を自らのスキルとして履歴書に記述できる最低ラインは600点とされており、大半の企業は600点を基準に能力を判断しているようです。

TOEICスコア600のための教材の選び方

 就労や仕事のためにTOEICを受験する場合はひとまず600点を目指すと良いのではないでしょうか。
 公式のガイドによると600点は「基本的な文法・構文は身についている、表現に不足はあっても自己の意思を伝えられる、通常会話では要点を理解し支障なく応答できる」レベルとされています。

 600点はビジネス英会話の一つの基準とされているので、この600点を目標にした英会話教材は多数出版されています。しかしそれを逆手にとった詐欺商材もインターネット上では多く販売されているので充分にお気をつけください。受験者の興味を引くようなうたい文句で中身を明かさず高値で販売されているものはまず疑った方がいいでしょう。実際に書店などで手に取ってみて、中身を確認したうえで購入するのがベストです。

 問題集を選ぶときは、1問目から難しい問題が掲げられているものではなく、「最後までやり遂げられそうだ」と思えるものを選びましょう。

TOEICスコア600獲得は思っているほど難しくない?

 公式ガイドラインなどのかしこまった文章を見ていると、なんとなくハードルが高く、とてつもなく難しいもののように感じてしまいます。

 しかし実は600点というと、あまり英語が得意でなくてもしっかりと計画的に学習を行うことで達成できてしまう点数なのです。中学・高校英語を真っ当に受けてきた方なら、1日数時間、数か月の勉強で達成することも難しくありません。併せて英会話教室に通っていればより600点との距離も近づくでしょう。

 勉強法というよりは習慣づけですが、電車移動中は参考書を読みつつ、考え事をするときは思いついたことを英語に変換するクセをつけ、入浴中などやトイレでは洋楽を流すなど、まさに”英語漬け”の生活を送っていればさらに効率アップです。

 電子辞書かスマートフォンの英和アプリはかかさず持ち歩き、わからない単語などが浮かんだらすぐに調べられる環境を作っておくことも大切です。ダイエットと同じで、日々のちょっとした積み重ねが英会話能力の習得につながっていくのです。

参考書・問題集にかかる費用は惜しまない!

 教材費はケチらずにTOEIC用のものを購入するのが賢明です。英語の勉強は大半の方が就労までに通ってくる道なので、誰しもがかつて使用していた参考書や問題集を家に抱えていると思います。TOEIC受験を控えていて、それらを使いまわしている方も多いのではないでしょうか。

 参考程度に利用するなら問題ありませんが、TOEIC用の教材を用意していないなら要注意。TOEICの受験料は1回 5,725円です。一発で600点に到達できれば問題ありませんが、その後何度も受験することを考えると教材費なんて安い物でしょう。