ビジネス英会話を効率的に学ぼう!

  • 画像/ビジネス

 近年は、日常でも仕事でもグローバル化が進み、世界共通言語である英語に接する機会が増えています。特にビジネスの世界では、英語ができる人を積極的に雇用し、社員にも英語の勉強をうながすなど、英語を学ぶことが自然な時代になりつつあります。

 しかし、これまで英語に興味がなかった人であっても、英語に触れてきた人であっても、ビジネスに通用する英語を身に付けるのは簡単ではありません。

 そんな中、仕事で使えるマナーのある英語を効率良く学べると注目されているのが、ビジネス英会話です。今回は、ビジネス英会話を学ぶ重要性や、ビジネスに役立つシーン別フレーズ集、そしてさまざまなビジネス英会話の勉強法を紹介します。

なぜビジネス英会話を学ぶ必要があるのか

【ビジネス英会話の重要性】
 仕事で英語が必要になった、英語でビジネスチャンスをつかみたい、という人がまず考えるのは、英会話を学ぶことではないでしょうか。しかし、一般の英会話では、英語に触れることはできても、今すぐ仕事に活かせるとはなかなか言えません。

【ビジネス英会話と日常英会話の違い】
 ビジネス英会話と日常英会話は別のジャンルとして扱われていますが、どちらも同じ英語です。では一体何が違うのでしょうか。答えは、使われる「ボキャブラリー」や「言い回し」の違い、「文章の丁寧さ」にあります。ビジネスの場面で使われるボキャブラリーや、より丁寧な話し方を中心に学ぶビジネス英会話。日常英会話で学ぶ内容も仕事で役に立たないとは言えませんが、仕事に直結したビジネス英会話を学ぶほうが合理的です。

【ビジネス英会話を学ぶことの重要性】
 英語はコミュニケーションのツールです。日常英会話では、くだけた英語でもお互いに伝わればよいという場面の方が多いでしょう。では、ビジネスの場面ではどうでしょうか。いわゆるブロークン・イングリッシュであっても、相手はあなたの意図をくみ取ってくれるかもしません。しかし、ビジネスの相手として良い印象を与えられるかは、難しいところです。ビジネス英会話で丁寧な言い回しや正確な構文を学び、“信用を得られる英語”を使えるようになりましょう。

ビジネスシーン別、役に立つ英会話フレーズ集

 ビジネスの場面では、それぞれ異なるフレーズが使われています。シーン別に役立つビジネス英会話フレーズを見てみましょう。


<挨拶>
日常英会話の挨拶よりも、より「フォーマルさ」が求められるビジネスシーンでの挨拶。スムーズ・丁寧な挨拶で、好印象を与えましょう。

It’s great to meet you.

「お会いできてうれしいです。」

It’s nice to see you again.

「またお会いできてうれしいです。」

How have you been?

「いかがお過ごしでしたか?」

Thank you for taking your time.

「お時間を頂きありがとうございます。」



<メール>
英文メールは、書き方に決まった型があります。まず型やフレーズを覚えてしまうのが、スムーズにメールを作る鍵です。

Dear Mr.?,

「親愛なる?様へ」

Dear Sir or Madam,

相手の名前がわからない時

I am writing to?

「?のことでメールしております。」

I look forward to hearing from you.

「お返事楽しみにしております。」



<電話>
お互いの顔が見えない電話は、聞き取れるか、聞き取ってもらえるか、と不安になるものです。電話英語フレーズをしっかり練習して臨みましょう。

May I speak to??

「?さんをお願いします。」

Could you say that again, please?

「もう一度言って頂けますか?」

Could you speak a little more slowly, please?

「もう少しゆっくりお話いただけますか?」

Just a moment please.

「少しお待ちください。」



<会議>
積極的に参加できるよう、まずは自分の意見を言うフレーズを覚えましょう。

I totally agree with that.

「その意見に賛成します。」

I see what you’re saying but〜

「おっしゃっていることはわかりますが、しかし〜」

Could you please speak up a little?

「もう少し大きな声でお願いします。」

ビジネス英会話の身につけ方、効果のある勉強法とは?

 ビジネスで通用する英会話を身につけるには、基礎固めが欠かせません。正確な構文を作るための文法や、通じるための発音を学び、ビジネスで使われる単語や言い回しを覚えます。

 実践は英会話上達の鍵です。頭で覚えるだけでなく、本番を想定して、口や体で覚えましょう。この章では、ビジネス英会話をインプット・アウトプットできるさまざまな方法を紹介します。

<英会話スクール>
 対面式のスクールは、インプット・アウトプットの両方に最適の場です。特に、“人前で英語を話す”経験を積むことで、ビジネスの場でも自信を持って英語を使えるようになります。マンツーマンレッスンでは発音や話し方を指導してもらい、グループレッスンでは会議やプレゼンを想定して参加する、などの使い分けもおすすめです。

<オンライン英会話>
 手軽なアウトプットの場であるオンラインレッスン。中には毎日受けられるものもあり、口慣らしに最適です。音が割れる・聞き取りにくいという、オンラインならではのハプニングも、仕事の電話やカンファレンス・コールの練習につながります。

<テレビ・ラジオ>
 ビジネスを題材にしたものを選びましょう。スクリプトを確認し、繰り返し音読することで、たくさんのボキャブラリーやフレーズを吸収できます。覚えたボキャブラリーやフレーズは、積極的に職場や英会話スクールなどで使いましょう。

<本・雑誌・新聞>
 文法本で基礎を固め、メールの表現集などで必要なスキルをインプットします。雑誌や新聞は、自分の仕事に関係ある分野のものを読み、仕事で使えるボキャブラリーを増やすのが得策です。その後のアウトプットも忘れずに実践しましょう。

<スマホアプリ・Podcast>
 スマホアプリはスキマ時間に活用しましょう。Podcastは、はじめは日本のものを、慣れたら英語圏のものがおすすめです。英語圏のPodcastには日本にない情報もあり、ビジネス知識も深まります。
 ビジネス英会話を学ぶことは、仕事で使える英語を習得する早道です。日頃からたくさんの英語に触れ、インプットとアウトプットをバランス良く行うことがとても大切です。

 特に、実践力を身につけるアウトプットの場は、ビジネス英会話を上達させるうえで欠かせません。ネイティブの人や、英語に精通している人にアドバイスやチェックをしてもらえる英会話スクールやオンライン英会話を積極的に利用して、ビジネス英会話力に磨きをかけましょう。また、実際の仕事の場でも積極的に英語を使うことで、学びと実践の相乗効果が生まれるでしょう。