<連載>イムランの「週末のできごとを英語で話してみよう!」第6回 〜夏フェス“サマソニ”行ってきた〜

週末に夏フェスに行ってきたことを英語で言うと?/写真はFoo Fighters(8月19・20日開催『SUMMER SONIC 2017』より)(c)SUMMER SONIC All Rights Reserved. [拡大する]

週末に夏フェスに行ってきたことを英語で言うと?/写真はFoo Fighters(8月19・20日開催『SUMMER SONIC 2017』より)(c)SUMMER SONIC All Rights Reserved.

 外国人とコミュニケーションを取るために、よく使われるのが「週末は何をしていたの?」というフレーズ。人気講師・イムラン先生が「すぐに使えて、今が旬の例文」を毎週、配信します! 第6回は、18・19日に東京と大阪で開催したロックフェス『SUMMER SONIC 2017』についての会話です。

<初級編>
Imran: Hey, Lisa, how was your weekend?
イムラン:やあ、リサ、週末どうだった?

Lisa: It was awesome!
リサ:最高だったわ。

Imran: That’s nice. Where did you go?
イムラン:いいね。どこ行ったの?

Lisa: I went to Summer Sonic in Osaka for 2 days!
リサ:大阪のサマソニに2日間行ってきたの。

Imran: Is that the music festival that’s been going on for a while now?
イムラン:それって、もう随分前からやっているミュージックフェス?

Lisa: Oh, my God. You’ve never been to Summer Sonic?
リサ:え。サマソニ行ったことないの?

Imran: No, I’ve never had the chance.
イムラン:ううん、機会がなくて。

Lisa: Wow, you’re missing out on a lot.
リサ:へえ、もったいない。

Imran: Is it that big?
イムラン:そんな大イベントなの?

Lisa: Yes, it is. It’s one of the biggest music festivals in Japan!
リサ:そうよ。日本トップレベルのミュージックフェスよ。

<中級編>
Imran: Hey, Lisa, how was your weekend?
イムラン:やあ、リサ、週末どうだった?

Lisa: It was great! I went to Summer Sonic last weekend.
リサ:最高だったわ!先週末はサマソニに行ったの。

Imran: Wow! That’s so nice. I’ve always wanted to go.
イムラン:すごい! いいね。ずっと行きたかったんだよね。

Lisa: Last week was awesome.
リサ:先週は本当に最高だった。

Imran: I really wanted to see MAN WITH A MISSION, but I had work on both days.
イムラン:マン・ウィズ・ア・ミッションが見たかったんだけど、両日共に仕事だったんだよね。

Lisa: That’s too bad. By the way, Pikotaro was there, too.
リサ:それは残念だったね。ところで、ピコ太郎もいたよ。

Imran: Did he perform?
イムラン:歌ったの?

Lisa: Actually, I’m not really sure. I saw his name on the performer list, but I didn’t see him on stage.
リサ:実は、よくわからない。パフォーマーのリストには載っていたんだけど、ステージは見なかったの。

Imran: And, was it crowded?
イムラン:で、混んでいた?

Lisa: Oh, yes. It was crazy. I think they said there were over 100,000 people.
リサ:もう、それは。やばかったわよ。約10万人以上来ているって言っていたよ、確か。

Imran: Wow, that’s like two Tokyo Domes. Could you see the performers?
イムラン:へえ、東京ドーム2個分じゃん。パフォーマーは見られた?

Lisa: I was in the first row, so I could see everything.
リサ:1列目にいたから、全部見られたわ。


<上級編>
Imran: Hey, Lisa, how was your weekend?
イムラン:やあ、リサ、週末どうだった?

Lisa: It was great! I went to Summer Sonic last weekend.
リサ:最高よ!週末はサマソニに行ってきたの。

Imran: Wow! That’s so nice. I’ve always wanted to go.
イムラン:へえ! いいじゃん。ずっと行きたかったんだよね。

Lisa: Last week was awesome. I was in Tokyo on Saturday and went to Osaka on Sunday.
リサ:先週末は最高だったなあ。土曜日は東京、日曜は大阪に行ったの。

Imran: Don’t they switch the performers on Saturday and Sunday? Tokyo performers go to Osaka and the Osaka performers, come to Tokyo, right?
イムラン:土曜と日曜だと、パフォーマーって交代するんじゃなかった? 東京のパフォーマーが大阪行って、大阪のパフォーマーが東京来るんでしょ?

Lisa: Yeah, they do. I’m a huge fan of Black Eyed Peas and they performed in Tokyo on Saturday and in Osaka on Sunday. So, I followed them.
リサ:そうなのよ。私、ブラック・アイド・ピーズの大ファンなんだけど、彼らが土曜日は東京、日曜日は大阪だったの。だから、追いかけて行ったの。

Imran: That sounds kind of cool. Who else was performing?
イムラン:なんか、かっこいいね、それ。ほかに誰が出ていたの?

Lisa: Pikotaro, miwa, TRF, Jose James, just to name a few.
リサ:ほんの一握りだけど、ピコ太郎、miwa、TRF、ホセ・ジェームス。

Imran: I know Pikotaro and TRF. TRF used to be my favorite group. I had always wanted to go to their concert. I didn’t know they were in Summer Sonic.
イムラン:ピコ太郎とTRFは知っているよ。TRFは昔お気に入りのグループだったんだよね。ずっとコンサート行きたいなと思っていたんだ。サマソニに出るなんて知らなかった。

Lisa: They are still quite popular and their performance was awesome. They know how to rock.
リサ:結構人気みたいだし、パフォーマンスも最高だった。盛り上げ方がわかっているよね。

<Imran MEMO>
I’ve never had the chance.(今まで機会がなかった。)
I’ve always wanted to go.(ずっと行きたかった。)
I had always wanted to go to their concert.(ずっとコンサートに行きたかった。)

 今日のポイントは上記3つの英語表現です。文法としては、上2つが現在完了形。3つ目が過去完了形です。ただ、この3つは文法を完全に無視して、決まり文句として覚えてください。なぜかというと、文法的な理解をしようとすると、何が言いたいのかよくわからなくなるからです。

 例えば、現在完了形。現在までに完了していることだと思うと、じゃあ過去形とは違うのかな、と考えたり、こういう場合には使えるのか、使えないのかなど考えたりして、せっかくすぐに使える英語表現を学んでいるのに、そこから離れてしまい、「よくわからない」という結論を招いてしまうからです。

 実際のレッスンでもそうです。文法に話が移った瞬間、「よくわからない」に向かってしまうんです。

 過去完了形も同様です。過去に完了していること、って考えると、これまた過去形と違うの? いや、現在完了形とも違うの? と考えてしまうんです。そうなると、もうわけがわからなくなって、中学英文法の本でも買って読むか、という発想になってしまいます。

 これが数多くある英語学習の落とし穴のひとつです。せっかく3つも使えそうな英語表現を学んだのに、使う気ゼロ! まずは帰りに本屋で英文法の本を買おう! って気になってしまいますからね。

 習った英語表現をそのまま使うとコミュニケーションがとれる。「コミュニケーションをとる」こと。それが英語を学びたいそもそもの理由ですよね。一度そこに立ち返って、英語に向き合ってみてください。

 ではまた来週。アディオス。

【プロフィール】
イムラン・スィディキ
1976年11月14日生まれ。セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(小学校〜高校)、上智大学、上智大学大学院。英会話スクール『コペル英会話教室』麻布十番本校、銀座校の校長。YouTube上の公式チャンネルをはじめ、公式アプリ、ブログ、Twitter、Facebookなどでも人気。著書に『CD BOOK 超英語思考トレーニング』(明日香出版社)など。日本各地で英会話セミナーを開催し、わざわざ海外からセミナーに参加する受講生もいるほどの人気講師。「英語はストレスなく学ぶのが一番。英語を勉強している人に、いかにストレスを感じさせないか」を考えながらレッスンをしている。

>> 外国人と会話をしたい! “日常会話レベル”で選ばれた「英会話スクール」1位は…

>> <連載>隅田川花火大会へ行ってきたんだ! 英語で言うと…


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close