ハズレなし!? アメリカに行ったら買いたい人気のお菓子【5選】

アメリカで人気のソフトキャンディーのお菓子「Skittles」 (C)oricon ME inc. [拡大する]

アメリカで人気のソフトキャンディーのお菓子「Skittles」 (C)oricon ME inc.

 海外へ出かけると、日本では見たことがないお菓子がたくさん売っている。派手でカラフルなパッケージデザインに惹かれ、つい購入してしまう人も少なくないはず。だが、味は甘すぎるものもあれば、日本人の口に合わないものもある。そこで今回は、アメリカに売っている、日本人にも比較的ウケが良い人気のお菓子を5つ紹介していく。

【1】Skittles(スキットルズ)
 見た目はマーブルチョコ「m&m」に似ているお菓子だが、中身はチョコレートではなく、ソフトキャンディー。オリジナルフレーバー以外にもストロベリーやワイルドチェリーなど、さまざまな種類が売られている。

【2】Cheez-it(チーズイット)
 チェダーチーズ味のクラッカー。普通のクラッカーより味が濃くて癖になるのだとか。チーズのほかにも10種類以上のフレーバーがあるが、一番オススメなのはOriginal。クラッカーなのでワインはもちろん、ビールなど酒のつまみにもなるお菓子だ。

【3】Sour Patch Kids(サワーパッチキッズ)
 人間の形をしたグミ。キャッチフレーズ「Sour. Sweet. Gone」の通り、甘酸っぱいお菓子だ。4つの異なるフレーバーが入っており、アメリカで大人気のお菓子のひとつ。

【4】Chips-ahoy(チップス・アホイ)
 チョコチップクッキーのお菓子。オリジナルはごく普通のチョコチップクッキーだが、ほかにも、かみ応えがある「Chewy」や「Chunky」といったチョコチップが大きいタイプなど、たくさんの種類が販売されている。なかでもオススメなのは、「Chewy Chips-ahoy Reese's Peanut Butter」のピーナッツバターが混ざっているクッキーだ。

【5】Nerds(ナーズ)
 食品会社Nestleが販売する小粒キャンディー。小粒で食べやすいが、一度にたくさん食べると飽きてしまうので注意したい。パッケージは小さく、さまざまなフレーバーを展開しているので何種類か持ち歩くのも良い。

 アメリカに行った際には、ぜひ一度味わってみてはいかがだろうか。

(記事/THE RYUGAKU)

>> この春“英会話”を学ぶなら! 人気のスクールランキング

>> 海外旅行前に必見! お土産に最適な定番お菓子【5選】


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close