知っていると超お得!? ニューヨークを“無料”で満喫できる方法とは…

「自由の女神」や「メトロポリタン美術館」などを無料で楽しむ方法とは? [拡大する]

「自由の女神」や「メトロポリタン美術館」などを無料で楽しむ方法とは?

 世界最大都市のひとつ「ニューヨーク(New York)」は、比較的物価が高い街としても有名だろう。だが、「セントラルパーク(Central Park)」や「ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)」のように、無料で楽しめるスポットもたくさんある。

 そこで今回は、ニューヨークの“有名スポット”をお金をかけずに楽しむ方法を紹介。観光などで訪れる際は、ぜひチェックしてほしい。

■自由の女神

 アメリカのシンボルとなっている「自由の女神(Statue of Liberty)」。通常の観光では、有料フェリーでバッテリーパークから女神像がある「リバティー島」へ向かうが、「スタテン島」行きの往復フェリーに乗ると、実は無料で見ることができる。このフェリーはリバティー島には上陸しないが、“少し離れたところから女神像を眺められれば十分”という人にはオススメの方法だ。

■近代美術館

 ニューヨークの2大美術館のひとつ「近代美術館(MoMA)」は、入館料が通常25ドルかかる。だが、毎週金曜日の午後4時〜8時限定でアパレルブランド「ユニクロ」とのコラボイベント「ユニクロ・フリー・フライデー・ナイト」が開催され、入館無料になる。近代美術館へ行くなら、金曜日が狙い目だ。

■ブルックリンブリッジ

 ブルックリンとマンハッタンを結ぶ大きな橋「ブルックリンブリッジ(Brooklyn Bridge)」。この橋はこれまでに海外ドラマや洋画でも頻繁に登場しているので、知っている人も多いはず。橋は無料で渡ることができるので、観光するのであれば歩いて渡りたい。昼間の景色もいいが、マンハッタンの夜景が一望できる夜も人気だ。

■セント・パトリック大聖堂

 「セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)」の入館料は無料で、誰でも気軽に入ることができる。ゴシック様式の大理石でできた外観を眺めるのもいいが、カトリック教会の祭儀であるミサはぜひチェックしたい。特に日曜の午前10時15分から行われるミサでは、聖歌隊の歌声を楽しみつつ、大聖堂の厳かな雰囲気も味わうことができる。

 今回紹介したなかには時間が限られている場所もあるので、下調べは忘れずに行おう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 海外で会話を楽しむなら…“習得の満足度”選ばれた「英会話スクール」ランキング

>> ニューヨークの冬の風物詩! イルミネーションとスケートを楽しめる2大スポット


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close